【地球空洞説】第2章~リチャード・バードの体験

 

 

 

もし、地球の内部にとてつもなく大きな空洞があるのなら、
その入り口はどこに・・・

ここに、その地底の上空を飛行したという人物の記録があります。

 

米国海軍小将で探検家でもある
リチャード・イヴリン・バード提督
(1888年10月25~1957年3月11日)

 

 

 

経歴:1926年5月9日に飛行機による人類初の北極点到達を成し遂げ、
1929年には南極大陸のロス氷原にあるリトル・アメリカ基地から
人類初の南極点上空飛行に成功。

 

これらの南北両極の飛行成功により、
国民的英雄の一人として語り継がれているすご~い人物である。

 

そんな英雄のバード氏ですが、実は
「地球内部を旅行し、それを記録した唯一の現代人」とされています。

 

 

 

後に彼のこの体験記録を元に1964年「空洞地球・史上最大の物理学的発見(レイモンド・バーナード著)
という本が出版されているそうです。

 

それには、バード小将が北極で地球内部へ通じる穴を発見したとあります!

 

 

それは、どのような体験だったのか?
彼の記録が残ってますので、時系列で追ってみましょう。

スポンサーリンク

北極点を越える「ハイジャンプ作戦」

 

北極の「ハイジャンプ作戦」は、最北のアラスカ基地を出発し、北極点を目指して真っすぐに飛行、北極点上空を通過してそのまま2700キロ飛行した後Uターンしてアラスカに帰還する予定でした。

 

 

フライト記録・北極ベースキャンプ・1947/02/19

 

06:00 飛行のための準備終了。

06:20 滑走路を走行中。

07:30 無線チェック、全て順調。

07:40 右のエンジンから若干の軽油流出発生

 

08:00 現在、北極上空、高度2321フィート 強い乱気流に遭遇。

 

09:10 眼下の氷と雪の色が何故か赤みがかって見える・・・おかしい

 

この情報を伝達するために再び位置のチェックを行う。

     

 

 

この辺りからコンパスがぐるぐる回るなど計器がくるいはじめ、
位置の計測が出来なくなったようですね・・・

 

太陽コンパスを使うと良いようだ。これで操縦はうまくいくようになったが、しかし風景に問題がある。 眼下に氷が・・・ない!

 

09:15  山のようなものが見える。

 

09:49  この山への飛行時間を記録する。この山は幻覚ではない。

 

▲リチャード・E・バード少将が撮影したと言われている地下世界の入り口

 

 

 

09:55  高度2950フィート、再び乱気流!

 

10:00  小さな山脈の上で交差して飛行している。

山の向こうに小さな川か水流のようなものが見える。

 

緑色が見える・・・・緑??

北極のここに緑はないはずだ!これは異常だ。明らかにおかしい

 

 

▲バード少将が地下世界を撮影したと言われている写真。

 

 

10:05  高度を1400フィートに下げ左折する。谷を調べるつもりだ・・・

これらの緑は・・コケ?あるいは堅い植物に見える。

そして、ここは光が何か他と違う・・・

太陽はすでに見えない。

 

 

私はさらに高度を変え左折・・・

眼下に大きな動物のようなものが見える

これは、ゾウのような形だろうか。

いや、むしろマンモスのように見える。

 

▲こちらもバード少将が撮影したと言われている写真。

 

信じられない・・・・

でも、今、私の眼下に確かにその光景があるのだ。

高度を1000フィートに下げ、

その動物を観察するために双眼鏡を手にする。

 

 

双眼鏡で確認すると、

それは確かにマンモスのような形をしている。

これを、すぐベースキャンプに報告しなければ・・

 

 

11:30  眼下は水平な土地のようだが、

私はそこに「都市」のようなものを見つけた!

 

そんな馬鹿な!

 

 

ここで、バード氏は奇妙な飛行機を見ます。
それは奇妙な翼でディスクのような形状、ボディは輝いていたと・・・
すると飛行機がものすごいスピードで近づいてきます。

そのボディにある模様が・・・それは「まんじ」、
あるいは「鉤十字(かぎじゅうじ)」のようだったとも。

 

 

11:30  これは素晴らしい!私はなんという場所にいるのだ。

突然、操縦かんがきかなくなった・・・

しかし、飛行機は飛んでいる。

何か、罠にかかったような感じだ。

 

 

11:35  無線から小さな音が出た!

そこからゲルマン語系のアクセントで英語のメッセージが・・・

 

 

「私たちの世界へようこそ!私たちは7分ちょうどであなたを着陸させます」

 

 

そしてエンジンは止まった。

自分の乗っている飛行機が回転している

操縦かんは一切きかない・・・

 

 

11:40  無線から別のメッセージが流れ飛行機はまるで

見えないエレベーターにでも乗っているように降下を開始。
     

着陸にはほんのわずかな衝撃があっただけで、

飛行機は無事に着地。

数人の男性が歩いて来る。髪はブロンドで背が高い。

 

彼らの背後に虹色で脈動するような光る都市が見える。

 

 

私には何がおきているのか正直わからない・・・

しかし、彼らに敵意はないようだ。

 

彼らは貨物ドアを開けるように指示したので、私は応じた・・・

 

 

 

(公開されている記録はここまでのようです)

 

 

(━_━)ゝウーム

この後、どうやって帰ってきたのでしょう?

それから「鉤十字」の模様って下りが気になりますね・・・

 

バード氏は、この体験をつづった地球内部に関しての日誌については、
秘密扱いとすると書き残していたそうです。

 

 

以下、その内容です。

これは、北極上空の飛行探査をおこなった時の日誌だ。

私は、この日誌を秘密扱いとし、
また、公表するにしても無記名でなければならない。

 

今は私が体験した事実を、合理性と共に説明することは難しい・・・
しかし、いつの日か、これらのことが合理的に説明され、
真実が明らかとなる日がくるだろう。

 

それまでは私はこの書類を公開することはないだろう。

なので、この日誌が人の目に触れることはないと思うが、
しかし、探検家としての義務として私は、記録を残す。

 

・・・・とのことです。

 

ん~~謎は深まりますね~~~

 

 

次回からも地球空洞説はまだまだ深く深く
続いていきますのでよろしくお願いします。

お気軽に一言お願いします。  ※コメントは承認制となっております