【地球空洞説】第33章~ロズウェル墜落UFOに搭乗していたのは地底人だった!

地球空洞説まとめ

 

 

今回は、地球内天体アルザルとUFOの謎に迫って行きたいと思いますが、

今日は、世界で最も有名なUFO事件を取り上げさせていただきます。

 

 

有名!UFO事件!

 

・・・と来たら、もうあれしかありませんね。

そう、みなさんご存知「ロズウェル事件」です!

 

 

【地球空洞説】も序章から一つずつ謎を紹介し、今回で34話目・・・やっとこの事件を語れるところまで、到達できました^^;

 

 

スポンサーリンク

ロズウェル事件

 

・ロズウェル事件の概要

 

1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。

 

この事件の発端となったのは、1947年7月8日にアメリカ空軍がロズウェル付近の牧場から潰れた「空飛ぶ円盤」を回収した」と発表したが、 その数時間後、発表を急遽訂正し、回収したものは「空飛ぶ円盤」ではなく、気象観測用気球であったと述べた。

 

しかし、事件からおよそ30年後(1978年)UFO研究家のスタントン・T・フリードマンが事件発生当時、問題の残骸の回収に関わったジェシー・マーセル少佐にインタビューを行ったところ

「軍は異星人の乗り物を極秘裏に回収した」と証言し、ロズウェル事件は全世界の注目を集めることとなった。

 

▲写真の人物はジェシー・マーセル少佐

 

 

以上の史上最も有名なUFO事件ですが、実は、この謎も【地球空洞説】に繋がっていたのです。

 

でもロズウェルって・・・

宇宙人(グレイ)関係の事件でしょ?

あれは、宇宙の謎だから、地球の中とは関係ないんじゃ???

 

・・・と思われるかもしれませんが、・・・それが実は関係大有りだったんです。

 

 

夢を壊してしまうようで申し訳ないですが・・・
今日は先に結論から言ってしまいますね。

 

 

あのロズウェル事件で墜落したUFOから回収された遺体は、「グレイ」などと言われるエイリアンではなく・・・

 

 

実は、人間だったのです!!

 

 

・・・えっ!!?

 

そう、すなわち「霊長類ヒト科ホモ・サピエンス・サピエンス」です。

 

 

ロズウェル事件の新事実

 

これは、少し古い話になりますが、1994年、ロズウェル事件に関して、大きな展開がありました。

 

2人のUFO研究家「ケビン・ランドル」と「ドナルド・シュミット」が事件の関係者を丹念に取材し、

封印され続けてきた事実を掘り起こし、一冊の本『ロズウェルに落ちたUFO』にまとめて発表しました。

 

▲ケビン・ランドル(左)・ドナルド・シュミット(右)

 

 

彼らが取材した関係者の中でも、直接事件に関わった当事者として注目したのが、「フランク・カウフマン」という人物。

 

彼は元軍人で、当時、ロズウェル陸軍基地に所属し墜落UFOを回収する任務を帯びた9人の特殊部隊の一人でした。

 

▲写真の人物はフランク・カウフマン

 

 

彼の情報によると、謎の未確認飛行物体は、7月1日の時点ですでにホワイトサンズ空軍基地のレーダーに補足されていたようです。

 

 

軍部は、ニューメキシコ州南部を飛行するUFOを追跡しながら、状況を見守っていたところ・・・

7月2日の昼、ロズウェル陸軍航空基地の上空に巨大な葉巻型UFOが出現。

そこから2機の小型UFOが飛び立ったのをレーダーが捉えました。

 

 

ところが、そのうち1機のUFOが、午後11時20分に突如レーダー上で眩しく輝いたかと思うと、突然スクリーンから姿を消したのです。

状況から察するとそれは、明らかに墜落でした。

そのUFOは3カ所のレーダー基地から追尾していたため、墜落ポイントはすぐに特定できたとのこと。

 

 

・・・翌朝、カウフマンら軍の人間が駆けつけた時、UFOは崖に頭から突っ込んでいたそうです。

 

全体に大きく歪んでいたが、それはいわゆる円盤形ではなくホームベース型で、

また全体的に少し丸みを帯びており、両翼の後部は内側にカットされていたので、正確に言えば五角形のような形だったのです。

 

 

 

UFOの全長は約26メートルと巨大で、厚さが約2メートル近くあったとのこと。

 

UFOは左側の損傷がひどく、ぱっくりと口が開いており、そこから内部を覗くと、そこには機械のようなものが見えたそうです。

 

 

UFOの内部を調べてみると、操縦席らしき椅子に、2人の人間がぐったりともたれかかっていて、いずれも、息絶えていたそうですが・・・

 

さらに調べたところ、もう一体、計3体の人間の死体を確認。

 

その人間の身長はいずれも約1.5メートルほどで、頭が比較的大きく、坊主頭。

目は普通の人間に比べて少し大きめで、しっかり瞳もあったとのこと。

 

 

▲カウフマンが描いたロズウェルUFOから回収された遺体のスケッチ

 

 

手足の指の数は5本。見た目の印象は地球人と全く同じで、東洋人、モンゴロイド風であったそうです。

ただ、肌は青みがかった灰色をしていたとのこと。また、体には金属製だが、布のような手触りのスーツを着ていたといいます。

 

 

カウフマンによると、その人間たちは非常に安らかな死に顔をしており、感動すら覚えたそうです。

 

そして彼らは明らかに知性を持った人類であり、いわゆるグレイなどという異星人ではないと断言しています。

 

以上のランドル氏とシュミット氏が調べ上げた情報は、UFO研究家の間でも高く評価され、現在ではロズウェル事件を語る上で避けることができないものとなりました。

お気軽に一言お願いします。  ※コメントは承認制となっております

  1. 匿名 より:

    ここの記事は本当に面白いですね
    真実かどうかは別として、各所に散らばっている様々な情報を丁寧に纏められているので読み応えがあります。
    ただ、ロズウェル事件に関しては結局のところ現在ではモーガル気球(プロジェクトモーガル)の墜落が有力視されていて、例の謎の文字もアルミ箔とバルサ材を止める為に適当なテープがなかったので絵柄の付いたおもちゃのテープで代用されたのを、発見者が地球外の文字だと勘違いして広まったらしいですし、実際にそのおもちゃのテープと謎とされる文字が完全一致しており、少々がっかりしました。
    勿論、地球外の知的生命体がたまたまそのおもちゃのテープを入手してそれで補修したって可能性もゼロではないでしょうが(汗

  2. 匿名 より:

    今まででいちばん面白かったです。