惑星X「二ビル」から来ていたUFO【ディンギル】の謎

 

 

当ブログではしつこい程、惑星X「二ビル」についてやってきましたが^^;

今回はその「二ビル」にいると言われる宇宙人「アヌンナキ」が、地球にやってくる時に使用していた

「ディンギル」と呼ばれるUFOを紹介いたします。

 

スポンサーリンク

ディンギルとは

 

シュメール研究の第一人者「ゼカリア・シッチン」氏によると、
シュメールの神々アヌンナキは元々、人類から「din gir(ディンギル)」(※)と呼ばれていたそうです。

 

※(ディンギル)とは「神々」と訳されるのが普通ですが、より正確には「火を噴くロケットに乗ってやって来た正しき者たち」という意味とのこと。

 

 

彼らの空を飛ぶ乗り物はふたつのタイプがあり、「gir」は地球の大気圏を越えるロケットを表し、「mu」と呼ばれる物は地球の空を飛ぶときの乗り物だったそうです。

その証拠になるかわかりませんが・・・シュメールの彫刻にはよく有翼円盤が出てきますね。  

 

これが、その二ビルのUFO「ディンギル」だと言われています。

↓  

※ 王がその「ディンギル」を見て「ややっ!」と驚いて、指差しているところという。

 

 

ちょっと見づらいので拡大したものです。

 

さらに拡大!!

はい、ちゃんと人が乗ってますよ^^

 

 

またシュメール自体も元は、「キエンギル(ロケットに乗った王の治める土地)」と呼ばれていたそうです。

 

つまりその時代にUFO?というか・・・少なくとも宇宙から地球に降りられる、火を噴くロケットが存在した事になりますよね?? r(-◎ω◎-)

 

 

それから、シュメールの女神イシュタルの彫像は宇宙服のようなものを着て、頭にはヘルメットのようなものを被っています。

※(画像二枚)女神イシュタルの特殊防護服(宇宙服)と言われています。

 

そのヘルメットは「シュガルラ」のヘルメットという名前で、シュガルラとはなんと「遠く宇宙へ行かせるもの」というシュメール語です。

そして女神イシュタルは、その特殊防護服をまといUFOを操縦していたといいます。

 

女神イシュタルのほかの彫像は明らかにゴーグルとヘルメットをかぶっていますね。

※上の2枚は、シュメールで出土したアヌンナキの飛行士の粘土人形の絵です。

 

 

(ーΩー )ウゥーム

現在、我々が映像として観ているUFOの中にもその「ディンギル」があるのかもしれませんね~^^;

 

次もUFO関連やろうと思いますのでよろしくお願いします。

UFO
スポンサーリンク
管理人をフォローする
この記事もおすすめ
この記事もおすすめ
究極のまとめ.com

お気軽に一言お願いします。  ※コメントは承認制となっております