【芸人怪談】もうすぐ死ぬ人の周りに現れる「黒い人」

 

 

全国的に記録的な暑さとなっておりますので、ちょっとでも涼しくなっていただくために

今回は、芸人である「Yさん」の怪談を紹介したいと思います。

 

自分もたまにこの話を思い出すのですが、少し背中がひんやりすると言うか・・・

まあ、後味が悪い話でもあります。

 

スポンサーリンク

(おい) っ子が、近々死ぬ人を言い当てる。

 

それは、芸人Yが母親を亡くしたときに経験した話です。

 

彼は高校時代に父親を亡くしていたのですが、その墓参りにきていたYの(おい) っ子が、

前を歩くYの母親を指差して、唐突にこう言いました。

 

「ばぁばが・・・死ぬで・・・」

 

突然そう言われたYは、なぜそんなことを言うのか、甥っ子を問い詰めます。

 

 

「いや・・・ばぁばの後ろに黒い人がいっぱいおるから、ばぁばが死ぬ・・・」

 

 

 

「そんなこと言ったらあかん」とYは止めますが、甥っ子は話を止めようとしませんでした。

 

「じぃじが死んだ時もじぃじの後ろに黒い人がいっぱいおったから、ばぁばも死ぬねん・・・」

 

 

そう真面目な顔で語る甥っ子に多少の恐怖を感じつつも、

Yの母親は今まで病気らしい病気もなく健康でしたし、

子供の言うことなので、その時はあまり気にも留めていなかったようです。

 

 

母親の入院

 

・・・しかし、それから数ヵ月後、Yの母親は体調を崩します。

心配したYが母親を病院へ連れて行き検査をすると、なんと、末期がんだったということがわかり、余命3ヶ月と宣告を受けてしまうのです。

Yの母親は即、入院となり3階の病室に入りました。

 

 

ある日の見舞いにYは、その甥っ子を連れて病院を訪れるのですが、

その時なぜか甥っ子が2階でぱたっと足を止め、何かを見つけたように視線をそちらに向けたのです。

 

「どうしたん?」とYが聞くと・・・

 

 

「ばぁばの後ろにおった黒い人がいるから、ばぁばは、ここの2階におるんちゃう?」と言い出すなり走り出しました。

 

 

 

Yが「行ったらあかんで!」と言うが、甥っ子は全く聞かず、2階の「2204号室」に入っていったのです。

 

もちろん、その病室にYの母親はいません。

Yが「ばぁばがおるのは上やから・・・」と病室の外に連れ戻すと、甥っ子はその病室にいる「何か」を振り返りながら不思議そうに見ていたと言います。

 

そんなことが、その後も何度か続きました・・・

 

Yの甥っ子は、決まって「2204号室」に入って行こうとしたそうです。

 

 

Yの母親が入院して4ヶ月後のこと・・・

Yの元に病院から電話がかかってきました。

電話に出ると、母親が危篤状態なので、直ぐに病院に来てくれと言うことでした。

 

慌てて、家族が病院にかけつけ3階の病室に行こうとすると、看護婦に病室が変わったことを告げられ、

着いていくと・・・

 

 

なんと、その病室は、あの「2204号室」だったのです・・・

 

 

 

今までのことを思い出したYは、何とも言えない気持ち悪さを感じました。

 

病室に入ると、Yの母親の意識はすでに無く、家族みんなで必死に声をかけました。

 

 

しかし、脈拍が徐々に弱まっていき・・・もう駄目か・・と思った時、

Yの母親は急に意識を取り戻し”パチッ”っと目を大きく見開き、上を見て必死に何かを訴えました!

聞こえにくかったためYが呼吸器を外すと・・・

 

「誰これ!?・・・誰なの・・・?」

 

「えっ? 親戚のおばちゃんやで! ほら、みんな来てくれたんや」とYが言うと・・・

 

 

「いや、誰なの?この部屋中にいる黒い人らは・・・・・!?」

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

そう言うと、Yの母親は息を引き取りました・・・

 

それ以来、Yは「死神ってやっぱりいるのかもしれない・・・」と思うようになったそうです。

お気軽に一言お願いします。  ※コメントは承認制となっております

  1. Harken says:

    そうでしたか。
    よかったです。ちょっと安心しました。^_^

  2. Harken says:

    一人単発で黒い人の影が見えるのは、どうなんでしょうか。

    • れん says:

      それは、おそらくシャドーマンだと思います。
      ちなみに僕も見たことがありますが、シャドーマンは世界中で目撃されていて、人畜無害のようですので安心して下さい。