『Wow!シグナル』1977年に宇宙から受信した「謎の電波信号」

 

この広大な宇宙に我々と同じような知的生命体は存在するのか?
・・・誰でも一度位はそんなことを想像したことがあると思います。

 

その手ががりになるような出来事が1977年の8月15日にありました。

 

それは「Wow!シグナル」と呼ばれるものです!

 

当時、SETI(地球外知的探索)のプロジェクトの観測に携わっていた
オハイオ州率大学のジェリー・R・エーマンが
ビックイヤー電波望遠鏡で宇宙からの謎の電波信号をキャッチ!

 

通常の電波の表示は1~4 高くても7位まで、
それが急に「6EQUJ5」というわけの分からないくらい高い数字に跳ね上がったのです!!

 

 

 

その強いシグナルは72秒も続きました!

 

とても驚いたエーマン氏が受信データのプリントに「Wow!」となぐり書きしたことから
この謎の信号が「Wow!シグナル」と呼ばれ、今日まで謎のままです。

 

「Wow!シグナル」をとらえたノイズは以下の動画に収録されています。

 

The Alien Wow Signal, 72 sec, at 1420.4556 MHz, New View! Aug 1977, UFO Sighting News.

 

当時、エーマン氏は地球から出た電波が
宇宙のゴミに当たって返ってきたと思ったらしいですが、
調べるとそれはありえないことだったと言っています。

 

なぜならこのシグナルは
地球上での使用が禁じられていた水素原子の電波であること、
そして、この非常に長い72秒というシグナルもおかしいらしいのです。

 

Wow!シグナルを解析したところ、周波数が1420.356MHzもしくは1420.456MHzという水素原子が遷移するときに放出される21cm線(水素線:周波数1420MHz)に極めて近い値を持つことが判明。水素線は恒星間通信で使われると予想されていた電磁波であったため、Wow!シグナルは知的生命体が宇宙から発したもので、地球外生命体の存在を裏付けるものではないかと、SETI(地球外知的生命体探査)プロジェクト参加者だけでなく世界中の科学者およびSFファンを興奮させることになりました。

 

またその後の調査で、この信号はいて座の領域からきていることが分かりました。

 

さらにエーマン氏の20年後の論文発表によると、
「あの時はアンテナの向きを変えた直後に信号をキャッチしたので、
もしかしたらずっと前からその信号は地球に向けられていたのかも・・・」
と語られています。

 

その後、もっと精度の高いパワフルな装置などが幾度も導入され
数十年に渡ってあのシグナル信号(または類似の別な信号)をキャッチしようと
探索が続けられてきましたが・・・

 

結局そのどれもが何もとらえられず失敗に終わりました。

 

エーマン氏は言います。

それは私が今まで見た中で最も奇妙なシグナルだったと・・・

宇宙からの怪電波
スポンサーリンク
管理人をフォローする
この記事もおすすめ
この記事もおすすめ
究極のまとめ.com

お気軽に一言お願いします。  ※コメントは承認制となっております