スプーン一杯で10億トンの重さの星がある!?

太陽系外の謎

 

 

これはまだ仮説ですが、
宇宙には、スプーン一杯で
10億トンの質量がある超高密度な星があるといわれています!

 

その天体をマグネター(magnetar)と呼んでいるそうです。

※これは、星の名前ではなく、
超高密度な天体がある!という仮説の名前です^^;

 

 

マグネターになりうる天体の特徴とは

 

・極端に強い磁場を持っていること。

 

・その磁場の減衰をエネルギー源として
大量の高エネルギー「電磁波」、
特に「エックス線」や「ガンマ線」を放射することのできる中性子星であること。

 

 

それじゃどういう中性子星がマグネターというのか?

 ↓

・星の寿命が来ます。

・そうすると超新星爆発が起こります。

・爆発で恒星がぎゅぎゅぎゅ~~と収縮して
ブラックホールになりそこねると、高密度の中性子星のできあがり。

 

・この爆発による収縮でものすごいエネルギーが発生しますが、

通常の中性子星の場合の磁場 → 10の8乗テスラ

 

マグネターはもっとすごい! → 10の11乗テスラ以上!!

 

・・・!!

マグネターは普通の中性子星より、
ゼロの数が3つも違う凄いエネルギーの天体なのです!!

 

ところで大質量を持った星が死んで超新星爆発を起こすと
たいがい次の2択になります。

 

ブラックホール or 中性子星

 

大質量の星が超新星爆発を起こすと、だいたいの星は10%程の質量しか失わず
ブラックホールになってしまいます。

それよりもっと星全体の80%もの質量を失ってしまうと中性子星になるのです。

 

 

スポンサーリンク

マグネターになる条件

 

それでこの中性子星がただの中性子星ではなく、マグネターになる場合の条件は

                ↓

星が死ぬ間際まで、むちゃくちゃ物凄い速度で自転をしていること。

 

これが必須条件とのことです。

 

とにかく上の条件を満たせばスプーン一杯で
10億トンの重さの星の出来上がりってわけです!!

 

 

 

わかりやすく言うとスプーンの上に車が10億台ですね・・・

 

いや、ワカンネェヨッ ( ≧∇≦)ノ。°゜°

 

 

追記:

現在、このマグネターの可能性のある天体が続々見つかっております。

SGR 1806-20(地球から5万年の距離)や、

1E 1048.1-5937-(りゅうこつ座・地球から9千光年の距離)などなど。

お気軽に一言お願いします。  ※コメントは承認制となっております