未来人ジョン・タイターの予言!【2020年の日本地図】

ジョン・タイターの予言(実現したこと)

 

前頁では、我々の未来とジョンタイターのいた未来とは、わずかに異なる世界だということについて触れさせていただきました。

 

それを踏まえた上で、彼の予言の中で実現していたものから紹介させていただきます。

・イラクが核兵器を隠しているという理由で第2次湾岸戦争が勃発、核兵器は発見されない。

2003年、イラク戦争勃発!(核兵器は見つからず)

 

・中国人が宇宙に進出する。

2003年10月中国初の有人宇宙船「神船5号」打ち上げ。

 

・アメリカ国内にも狂牛病が発生する。

2003年12月ワシントン州において狂牛病第1号が発見される。

 

・新しいローマ法王が誕生する。

2005年4月パウロ2世が死去、新たに第265代法王ベネディクト16世が選出される。

 

 

・イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化

2005年8月にアメリカ南東部を「ハリケーン・カトリーナ」が襲う。

 

・IBM5100は、APLやBASICが普及する前に書かれたIBMのプログラミング言語も解読できる事が判明する。

IBM社元エンジニアがインタビューで、この事実を認めており、
ジョン・タイターと名乗る人物が、その極秘情報をどうやって入手したのか不思議がっていたとのこと。

 

 

ジョン・タイターの予言(実現しなかったこと)

 

・アメリカでは2005年に内戦が始まる。

その内戦は、断続的に激しくなったり収まったりしながら10年間続くと言っていましたが、何も起こりませんでした。

 

・2008年に日本で、平成関東大震災が起こる。

これも起こらなくて良かったです…。

 

・2008年の北京オリンピック中止

多くの戦争の結果、2004年以降、公式なオリンピックは開かれていない。
また2040年に再開される見込みである」と予言していました。
これが当たらなかったのも、世界線のズレのおかげってことでしょうか・・・^^;

 

・2015年に世界戦争が起こり、30億人近くの人が死んだ。

これは、ズレてもらわないと困りますね!!Σ(T□T)

 

 

ジョンタイターの予言(これから起こるかも?)

 

・2020年 地球上の国の殆どが、社会主義国家になる。

あと数年で…?この予言は、よほどのことがないと、当たらなさそうですが・・・

 

・2034年 タイムマシンが実用化。

CERN(欧州原子核研究機構)でタイムトラベルの基礎研究がまもなく始まると予言したそうです。

これは、もしかしたら・・・

現代でもモントークプロジェクトと呼ばれる怪しい実験でタイムトラベルが可能になっている?との話もありますので、
2034年には、タイムトラベル技術は確立されているのかも^^;

まあ、夢があるんで個人的には実現してほしいですけどね ((o( ̄ー ̄)o)) 

 

 

それから、ジョンタイターの残したもっとも気になる予言がまだありました!!

 

 

2020年、日本の首都は岡京になる!?

 

これがその予言です。

2020年の日本地図!!

 

( ̄△ ̄;)??

 

もっとわかりやすくしたのが下の画像です。

 

w(☆o◎)wガーン

 

上の画像を見てもおわかりのように、なんと!日本が3つのエリアに分裂していて、首都は東京でも京都でもなく、「岡京」(おかきょう)と改称した岡山になっているのです!

 

それによると・・・・

 

・北海道と青森、秋田の一部は「蝦夷(えぞ)共和国」

・残りの東北地方と関東のほぼ全域、新潟の東半分は「政府管理区域・立ち入り禁止」

・それ以外の地域は、岡京=岡山を新首都とする「新大和皇国」

 

 

これは、かなり衝撃的な内容ですね。

 

しかも、東日本が「立ち入り禁止」区域になっているということは・・・

東日本大震災を「予言」していたとしか思えません!

 

やっぱりジョン・タイターはタイムトラベラー ∑(゚ロ゚???

 

 

もしかしたら、日本はちょっとのズレでジョンタイターの示すような状態になっていたのかも・・・

 

 

真相はわかりませんが、彼のいた世界と我々のいる世界がズレていてくれて、良かったと今はほっとしています^^;

 

信じるかどうかはみなさん次第です。

予知・予言
スポンサーリンク
管理人をフォローする
この記事もおすすめ
この記事もおすすめ
究極のまとめ.com

お気軽に一言お願いします。  ※コメントは承認制となっております

  1. 丸瀬浦孟留 より:

     追伸

     もう一点。これはまだ単なる思いつきの段階の話なのですが…。
     
     ジョンタイター氏と2062氏は言説の範囲が広く、れん様のご指摘の通り、発言が妙に具体的で、現代の仕組みをよく理解し、質問にも頭脳明晰に回答しているようにお見受けします。他にも同様の未来人がいるのでしょうか。
     特に2062氏は2010年11月の登場から6年間活動してきました。民間の素人が複数人で行っているならば、どこかで情報が漏れていた筈と思います。
     また、この二人は共に男性です。男性(陽)縛りでもあるのでしょうか。キリスト教的に再臨(カバラ的にはメシアの再臨でいいのでしょうか)を考えた場合、未来は陰陽では陽となり、そのため男性縛りになっている、そんな可能性を考えてしまいました。
     (もっとも、カッコいいお姉さんの未来人が現れたら、それはそれで頑張って解いてみたい気もしますけれどね)
     さて、残りは2058原田さん。これは難しいです。また、時間のある時にでも再挑戦します。

  2. 丸瀬浦孟留 より:

    追伸

     もう一点、これはまだ単なる思いつきの段階の話なのですが…。
     ジョンタイター氏と2062氏は言説の範囲が広く、れん様のご指摘の通り、広範囲の質問に頭脳明晰に回答しているように思います。他にも同様の未来人はいるのでしょうか。特に2062氏は2010年11月の登場から6年間活動してきました。民間の素人が複数人で行っているならば、どこかで情報が漏れていた筈だと思います。
     また、この二人は共に男性です。男性(陽)縛りでもあるのでしょうか。キリスト教的に再臨(カバラ的にはメシアの再臨でいいのでしょうか)を考えた場合、未来は陰陽では陽となり、そのため男性縛りになっている、そんな可能性を考えてしまいました。
     (もっとも、カッコいいお姉さんの未来人が現れたら、それはそれで頑張って解いてみたい気もしますけれどもね)

  3. 丸瀬浦孟留 より:

     すみません。修正の上、投稿させて頂きます。

     2062氏について前に送らせて頂きました。実はジョンタイター氏についても気になった事がありましたので、少しwikiをみてみました。

     2000年11月2日、アメリカの大手ネット掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。男性はジョン・タイターと名乗る

     2000年11月2日
     
     11月2日を〈逆さ〉にすると2月11日。いきなり日本の建国記念日が出てきました。
     2000年11月2日→ゲマトリアに0は無い→2112→三桁読みするなら前から読んでも後ろから読んでも211…。
     
     氏は2036年から1975年に飛び、そこから1998年に飛び、2年間待機して2000年の11月2日に活動を開始します。なお、1998年は氏の生誕年だそうです。

     氏の言に依れば、2036年から1975年までの世界線のズレは2パーセントだそうです。
    1998年からは2年間の待機。
     因みに世界線のズレを最小限に抑えるためには潮汐力の関係から年にチャンスは2回となるそうです。
     (私はよく知らないのですが、阪神大震災と東日本大震災のとき、潮汐力と発生日の関係が話題になりました。氏の言と何か関係が?)。
     それにしても何故「2」を強調しているのでしょうか。

     2036年→1975年は61年間。誤差を2パーセントとすると1.22なので、59.78年から62.22年。「2」段階で足し算してみますと、

    5+9+7+8=29 2+9=11 
    6+2+2+2=12 1+2=3

    並べてみますと113→311(…あ、あれ?)

     1975年→1998年は23年間。誤差を2パーセントとすると
    0.46(←…あ、あれ?)、なので22.54年から23.46年。「2」段階で合計してみますと、

    2+2+5+4=13 1+3=4
    2+3+4+6=15 1+5=6

    並べてみますと46(←…あ、あれ?)

     1998年ですが、前後を分けて足してみます。
     1+9→10
     9+8→17
     よって1017となり117(…あ、あれ?)

     117を11月7日とすると、この日は年初から311日目であり、3.11東日本大震災の暗喩ととることもできます。記事の地図との関係性も、可能性としてならあり得るかも…というのはさすがに無理ですかね。

     私はヨハネの福音書の会話文に、第二神殿再建に要した年数が46年とあることから、地震陰謀論における46とは第三神殿建設に関する数字ではないかと主張してきました。311に46に117。なんだか意味深です。東日本大震災は将来の第三神殿建設の準備を日本で行うという意味とか、そんなことはないでしょうね。

               丸瀬浦孟留 

  4. 匿名 より:

     2062氏について前に送らせて頂きました。実はジョンタイター氏についても気になった事がありましたので、少しwikiをみてみました。 
     これは飽くまでも与太話以下のお話ですから、聞き流してくださいね。

     2000年11月2日、アメリカの大手ネット掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。男性はジョン・タイターと名乗る

     2000年11月2日
     
     11月2日を〈逆さ〉にすると2月11日。いきなり日本の建国記念日が出てきました。
     2000年11月2日→ゲマトリアに0は無い→2112→三桁読みするなら前から読んでも後ろから読んでも211。…なんかいきなり嫌になりますね。
     
     氏は2036年から1975年に飛び、そこから1998年に飛び、2年間待機して2000年の11月2日に活動を開始します。なお、氏の言に依れば
    1998年は氏の生誕年だそうです。

     氏の言に依れば、2036年から1975年までの世界線のズレは2パーセントだそうです。
    1998年からは2年間の待機。
     因みに世界線のズレを最小限に抑えるためには潮汐力の関係から年にチャンスは2回となるそうです。
     (私はよく知らないのですが、阪神大震災と東日本大震災のとき、潮汐力と発生日の関係が話題になりました。氏の言と何か関係が?)。
     それにしても何故2を強調しているのでしょうか。

     2036年→1975年は61年間。誤差を2パーセントとすると1.22なので、59.78年から62.22年。二段階で足し算してみますと、

    5+9+7+8=29 2+9=11 
    6+2+2+2=12 1+2=3

    並べてみますと113→311(…あ、あれ?)

     1975年→1998年は23年間。誤差を2パーセントとすると
    0.46(←…あ、あれ?)、なので22.54年から23.46年。二段階で合計してみますと、

    2+2+5+4=13 1+3=4
    2+3+4+6=15 1+5=6

    並べてみますと46(←…あ、あれ?)

     1998年ですが、前後を分けて足してみます。
     1+9→10
     9+8→17
     よって1017となり117(…あ、あれ?)

     117を11月7日とすると、この日は年初から311日目であり、3.11東日本大震災の暗喩ととることもできます。記事の地図との関係性も、可能性としてならあり得るかも…というのはさすがに無理ですかね。

     私はヨハネの福音書の会話文に、第二神殿再建に要した年数が46年とあることから、地震陰謀論における46とは第三神殿建設に関する数字ではないかと主張してきました。311に46に117。なんだか意味深です。東日本大震災は将来の第三神殿建設の準備を日本で行うという意味とか、まさかさすがにそんなことはないでしょうね。
     
     以上、繰り返しますがただの与太話です。あまり本気にはなさらないで下さいね。

              丸瀬浦孟留 

  5. れん より:

    情報ありがとうございます。
    ジョンタイターの予言では下の2つに関しての地図が出回っていました。

    ・2036年に韓国が東アジアを制圧している。

    ・2020年に日本は3分割されている。

    上の韓国が東アジアを制圧している地図については、作った本人が、偽物だとすでに認めてるので、でっちあげでした^^;
    下の地図については、たぶん、震災後に誰かが意図的に流したのだろうとも思いましたが、完全でっちあげの証拠が出てないので、面白いかなと思い紹介させていただきました。

    気になるのは、2003年に若い夫婦が5歳になる息子を連れて、ネブラスカ州のとある法律事務所に現われて、その2人は、自分たちは未来から来たタイムトラベラー、ジョン・タイターの両親だと名乗ったって辺りです。

    そして、その法律事務所で、ある男がタイムマシンを使って2人に会いに来たという話をしたそうです。
    その男は大人になった息子(ジョン・タイター)だと名乗り、彼らの家で3年近く過ごしたとのこと。

    そして2000年に彼は父親のパソコンを借りて自分の正体とここへ来た理由をインターネットに書き込み始めました。
    彼がなぜ書き込みを始めたのかは、未だに明らかになっていませんが・・・

    ジョンタイターの両親だというその2人は、法律事務所を訪れた際に、写真や書類、メモ、彼の書き込み原稿のコピーなどを差し出したとのことです。
    なので、この日本地図はそうした中から流出した可能性もあるのかなと???

    まあ、ガセの可能性はかなり高いとは思いますが^^;

  6. Leo より:

    ジョン・タイターの本を読んだけど、そんな地図は載ってなかったし、言及もされていませんでしたよ。