7回鳴ったら世界が終わる!「アポカリプティックサウンド」の謎

 

 

 

新約聖書の最後に記された文書「ヨハネの黙示録」には、“最後の審判”が始まる時に天使がラッパを吹き鳴らすと記述があります。

 

このラッパは7回吹き鳴らされるのですが、1回鳴るごとに地上に天変地異が起きるとされていて、

7回目のラッパが鳴った時・・・

 

世界は最後の審判を迎えると言われています。

 

 

「ヨハネの黙示録」では、そのラッパが鳴ると、どのようなことが起こるとされているのか・・

一応参考までに紹介します。

 

スポンサーリンク

神からラッパを与えられた御遣いが七つの災厄を告げる

 

・第一のラッパ吹き
『ヨハネの黙示録』第8章7節にてラッパを鳴らす。 それにより雹や火を地上に降らし、地上の三分の一を焼き払う。

 

 

・第二のラッパ吹き
『ヨハネの黙示録』第8章8節にてラッパを鳴らす。 それにより海の三分の一を減らす。

 

 

・第三のラッパ吹き
『ヨハネの黙示録』第8章10節にてラッパを鳴らす。 それによりニガヨモギの星を川に落とし、地上の川の三分の一を毒にする。

※ちなみに、この苦よもぎとは、ウクライナ語でチェルノブイリを意味するとのこと。

 

 

・第四のラッパ吹き
『ヨハネの黙示録』第8章12節にてラッパを鳴らす。 それにより、昼の時間を三分の一に減らす。

 

 

・第五のラッパ吹き
『ヨハネの黙示録』第9章1節にてラッパを鳴らす。 それにより、アバドンを呼び出す。

 

 

・第六のラッパ吹き
『ヨハネの黙示録』第9章13節にてラッパを鳴らす。 それにより、ユーフラテス川の畔に繋がれている四人の御遣いを開放し、地上の人間の三分の一を殺させる。

 

 

・第七のラッパ吹き
『ヨハネの黙示録』第11章15節にてラッパを鳴らす。 それにより神の支配を告げる。そしてキリスト教徒でない残りの地上の人間を滅ぼすため、雷や大地震を起こし、さらに大粒の雹を地上に降らす。

 

 

 

実は、この天使が吹くというラッパの音ではないかと言われているものが、2011年頃から世界各地で聞かれているとの報告があるそうです。

 

 

この世界各地に響き渡る不気味な音を「アポカリプティックサウンド」呼び、これが世界の終わりを告げる前兆の音なのではないかとの噂があります。

 

※アポカリプティックとはアポカリプス(Apocalypse)的=黙示録的な、という意味で、聞こえてくる謎の音が「ヨハネの黙示録」に描かれている、

世界の終焉を告げる天使のラッパになぞらえて付けられた名称です。

 

 

 

 

キリスト教の人々にとっては、空から響く謎の音が、天使が天変地異を知らせるラッパの音だと思うかもしれませんね。

 

 

 

それでは「アポカリプティックサウンド」と言われている動画を3つ紹介いたします。

 

・ベラルーシ – 2011年8月(youtube)

More strange sounds from 08.2011, near Homel, Belarus

More strange sounds from 08.2011, near Homel, Belarus

 

 

 

・ウクライナ キエフ – 2011年8月(youtube)

Strange sound in Kiev again Aug.11.11. Опять странный звук в Киеве 11.08.11

Strange sound in Kiev again Aug.11.11. Опять странный звук в Киеве 11.08.11

 

 

 

・カナダ – 2013年8月(youtube)

Strange Sounds in Terrace, BC Canada August 29th 2013 7:30am (Vid#1)

Strange Sounds in Terrace, BC Canada August 29th 2013 7:30am (Vid#1)

 

 

 

( ̄へ ̄|||) ウーム・・・確かに不気味な音ですね~(特に最後のが強烈過ぎる・・・)

 

 

これは、確かに何かよからぬ事が起こりそうに思えてきます ll(-_-;)ll

 

 

この怪音の正体は、気圧が急激に変動したことにより地下空間の何かが共鳴しているのではないか?というか地下には巨大な穴があり、

それが笛のような役割を果たしているのでは?と噂する人もいるそうです。

 

また、一部にはこれがUFO(エイリアンクラフト) が発生させる音だと主張する人もいますが、これに関しては、信憑性は薄いでしょうね^^;

 

しかし、この謎の音に関してはちゃんと研究している学者もいるそうで、アゼルバイジャンの地球物理学者である「エルヴィン・カルロフ氏」によると、

「アポカリプティックサウンド」が太陽プラズマと地球の持つ磁場の干渉によって生じている現象だとの説を発表しました。

 

エルヴィン氏が録音された音を分析したところ、その大半は人間の可聴域以下の低周波であったということです。

 

 

その波長は地球物理学でいうところの音響重力波と呼ばれるものと一致しており、音響重力波が大気圏と電離層の間で生じることから、このような説に至ったようですが・・・

 

 

ただし、この説に関しては、そもそも音響重力波とは大気中で生成されるものであり、太陽活動と結びつけて考えることはできないとして、反対する意見も多く存在しています。

 

とにかく、いずれの説も上記の通り、現状では仮説の域を出ていないので、今後の更なる研究を待ちたいと思います。

 

 

 

ところで・・・これがもし、世界の終末を知らせる天使の鳴らしているラッパの音だとしたら、今はもう何回目なんでしょうか??

 

 

少なくとも7回以上は鳴っていることは確実なようですが・・・

ということは、もう「ヨハネの黙示録」によれば、地上の人間を滅ぼすための大災害が起こってないとおかしいですよね。

 

 

ですので、この話を信じるとすれば、自分の解釈では、神が使わした天使のラッパ隊が世界各地でラッパを鳴らして世界中の人に警告を行うことを1回と考えています。

第三のラッパ吹きが来てラッパを鳴らす。 それによりニガヨモギの星を川に落とし、地上の川の三分の一を毒にする。

 

※この苦よもぎとは、ウクライナ語でチェルノブイリを意味するとも言われていると書きましたが、もしかしたら、チェルノブイリ事故前にも世界各地で、このような「アポカリプティックサウンド」が聞こえていたのかもしれませんね。

 

今はyoutubeなどがあるので、世界中にこの警告音が拡散してますが^^;

 

 

2011年から続いているとされている神から使わされた天使のラッパ隊の警告音は何回目にあたるんでしょうか・・・?

 

 

順序から言うと、現在は4回目だと思いますが、、、

第四のラッパ吹き
『ヨハネの黙示録』第8章12節にてラッパを鳴らす。 それにより、昼の時間を三分の一に減らす。

 

 

昼の時間を三分の一に減らす?  

 

 

一体、何が起こるのでしょう・・・?? (・Θ・;)

 

 

 

追記昼の時間を三分の一に減らす? とは

現在、太陽活動が低下していて、このままいくと地球は「ミニ氷河期」になるそうですので、

このことを言っているのかもしれません。

予知・予言
スポンサーリンク
管理人をフォローする
この記事もおすすめ
この記事もおすすめ
究極のまとめ.com

お気軽に一言お願いします。  ※コメントは承認制となっております

  1. 匿名 より:

    怖い!