Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【地球空洞説】第18章~南極を目指したナチス | 究極のまとめ.com

【地球空洞説】第18章~南極を目指したナチス

言語:

今回からナチスと南極について具体的に書いていきたいと思います。

そもそもなぜヒトラーは南極を目指したのか?

それは、南極大陸の地底にあるとされる「虹の都」伝説に特に興味を持っていたからのようです。

スポンサーリンク

「虹の都」とは?

伝承によると、その「虹の都」は、今から250万年前に飛来した天人の子孫「ハクラン」が、南極大陸の地下300mに建設した地下都市であるというのです!

その地下都市は全部で7つあって、「赤の都市」「青の都市」「緑の都市」などの名前で呼ばれていたといいます。

地下都市全体が「虹の都」と呼ばれるのも、このことによるものであるとのこと。

その都市は6層から成っており、厚い氷で囲まれた都市は、半透明の繊維のような物質で建造され、
光源は人工照明の他、太陽光を巧みに取り入れる工夫がなされていたといいます。

都市内部は、暖かく気温が一定に保たれており、街路には背の高い針葉樹林が整然と連なっていて、

各々の都市は透明なチューブで結ばれ、その中を変わった乗り物がすばやく動いているといわれています。

ここで、(リチャード・バードの体験)を思い出しますね。

彼が極地で地底世界へ迷いこんだ時に見た都市・・・「彼らの背後に虹色で脈動するような光る都市が見える。」

リチャード・バードの見た素晴らしい都市とはこのことだったのでしょうか?

また、ヒトラーは北極地方の「トゥーレ」伝説にも夢中になっていたといいます。

虹が舞い、不死の人々が住むという「トゥーレ」の楽園は「この世の果て」や「霧に覆われた世界」という、漠然と語られていた伝説に過ぎませんでした。

ちなみに、この「トゥーレ」伝説にちなんで結成されたのが、ゲルマン教団の秘密結社「トゥーレ協会」で、
その活動を基盤にしてその後「ナチ党」が誕生したと言われています。

ナチ党は、ドイツ・ゲルマン民族こそ「トゥーレ」に住んでいるエリートたちの血を受け入れるのにふさわしい民族だと主張していました。

また一説には「トゥーレ」とは、北極を入り口とする地底世界のことであり、「シャンバラ」伝説と同じものだと言われています。

このような極地に残る、地球内部にあるという楽園伝説から、ヒトラーの南極に対する関心が高まっていったのです。

そして実際に「南極を獲得するぞ!」というヒトラーのかけ声とともに、ナチスの南極探検が開始されました。

それについては次回書きたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事