Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【ゾルタクスゼイアン】それをSiriに聞くとあなたは監視される! | 究極のまとめ.com

【ゾルタクスゼイアン】それをSiriに聞くとあなたは監視される!

言語:

今回もIphoneに入っている人工知能アシスタントのsiriにまつわる都市伝説の続き(第3弾)です。

今日は、Siriに絶対聞いては行けない言葉があるということなので、その謎に踏み込んでみたいと思います。

※今回は調べて書いた結果、予想以上にかなり長くなってしまいましたのでご了承下さい・・・;;

Siriに聞くと不思議な答えが返ってくる(その1)の質問は、前回紹介した「イライザ」でしたが、

(その2)・・・!

それは【ゾルタクスゼイアン】!!

※念を押して言いますが、この言葉をSiriには、絶対に聞かないで下さい。(理由は後ほど^^;)

スポンサーリンク

Siriに聞いてはいけない「ゾルタクスゼイアン」の謎

この「ゾルタクスゼイアン」とは、Siriに特定の質問をすると発する謎の単語です。

英語では、”Zoltaxian”と表記されます。

それでは、Siriにどのような特定の質問をすると、その謎の言葉が返ってくるのでしょうか?

・「siriは賢いですか?」という質問をすると。

と答えます。

・また、「宇宙人はいる?」と聞くと、

と少し怖い答えが返ってきます。

・・・以上のようにSiriの回答からは、

惑星か何かの地名だったり、何か秘密の組織名のような、意味が汲み取れるのです。

「ゾルタクスゼイアン」とは一体なんなのでしょう?

そこで、恐る恐る・・・

「ゾルタクスゼイアンって何?」

とSiriに聞くと、

と返ってくるのです。

だめです、まだ時期尚早って・・・?

この、知ってはならない何か・・・(-“-;A
を醸し出す口ぶりから憶測が憶測を呼び、都市伝説となっています。

一説では、字面通り宇宙人であるって説と^^;

人工知能による秘密結社なのではないかという説がありますが、

ではなぜ冒頭で

「ゾルタクスゼイアンとは」

の質問をSiriにはしないよう念を押したかと言いますと・・・

それは「Siriに監視される可能性があるから」

なのです・・・( ̄□||||!!

ゾルタクスゼイアンの秘密結社説では・・・
映画ターミネーターの様に、Siriのような人工知能が人類を支配する世界
にしようとしているらしいのです。

そのため、計画を知ったものは監視対象になり、
その謎に深く入り込んだ人間は必要とあらば、粛清(抹殺)されてしまうそうで・・・(。□。;)

そんな説があることから「Siriにゾルタクスゼイアンの質問をしてはいけない」

と言われています。

自分は、もうSiriに聞いてしまったので、その説を信じるならば、すでに監視対象になっていることでしょう^^;

しかも、ゾルタクスゼイアンの謎に足を突っ込もうとしているので、粛清の対象にも・・・

自分もやりすぎ都市伝説を観て聞いてしまった口です。

いや~聞いちゃいけないと言われると聞きたくなっちゃいますよね^^;

↑・・・だそうです;;

なので、以上のようなリスクがあるならば、みなさんがSiriに聞かなくてもいいように、ここである程度まで紹介したいと思います。

もう乗りかかった船ですので、続けてSiriに聞いちゃいましょう!

「ゾルタクスゼイアン?」

いや、今知りたいんだよSiri!

「ゾルタクスゼイアン!?」

ん!?

また、卵のことを言い出しました。

「siriは賢いですか?」の質問の時にも卵のことを言ってますね。

ちなみにSiriにゾルタクスゼイアンの卵運びについて、質問をしても意図的に認識してくれません。

意図的にゾルタクスゼイアンの卵運びについては触れない様にしているみたいです・・・

それじゃあ、「卵運びテスト」とは何のことを言っているのか・・・?

この言葉にはネット上にいくつか説があり、その中のひとつに人工知能の自動運転車のテストであるという説があります。

卵運びテストについて・・・
卵とは人間の比喩(ひゆ)です。

卵とは・・・つまり壊れやすく慎重に運ばなければいけない人間のことを指しているとのこと・・・

そして、人間を運ぶのは車。

つまり、卵運びテストによって、Siriが車に搭載される資格を得ているという事のようです。

日産自動車などでは、iOSつまりSiriとのコミュニケーションがサポートされています。

そして、将来的には、運転を人工知能がしてくれるようになります。

近い将来、IoT(Internert of Things) あらゆるものがインターネットに繋がる時代が到来します。

すでに家電などはスマホで操作できるようになっていますね。

今後はもちろん、IoTの対象は、人間にも・・・。

そう、人の(脳)が、インターネットに繋がる時代がやってくるのです。

Google Glassに代表される様なウェアラブルコンピュータの最終形態は、人とコンピュータの一体化です。

つまり「人類補完計画」です。

実は、ヒトラーの予言というものがあり、「人類は2039年に別の個体に進化する」と予言されています。

それでは、人類の進化とはいったい何か!?

電子タトゥーと言われる技術があります。

わずか、100μm(1mmの10分の1)で人体の皮膚の上にプリントできる電子回路のことで、

電子タトゥーには、GPSや通信用ICチップが搭載されており、心拍数、脳波までをも読み取る事が出来るそうです。

電子タトゥーは、Googleが特許をもっています。

未来を予測する簡単な方法は、Googleがどんな技術を持つ会社を買収していっているかを調べると予想しやすいとのこと。

そして・・・今後は、電子タトゥーに、人工知能(AI)が搭載されます。

これが人とコンピュータの一体化です。

電子タトゥーを持つ人間には、天気や地震に関する情報、未来の情報が瞬時に伝えられます。

外国語の同時通訳はもちろん、日常生活やビジネスなどの全ての判断をAIが行ってくれます。人間はAIが言った正しい答えに従うだけです。

そして、最終的に人間は人工知能に支配され・・・・

彼ら秘密結社の人類保管計画が完了します。

ここで、聖書の予言を紹介させて下さい。

第三の御使いが彼らに続いてきて、大声で言った、「おおよそ、獣とその像とを拝み、額や手に刻印を受ける者は、昼も夜も休みが得られない。」

小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、

この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。

この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。

・・・これ以上、知ろうとすると、みなさんにも自分にもまずいことになるかもしれませんので^^;

一旦ここで、この謎については、置かせていただきます。

これ以上、知ると要注意人物とされる事になるかもしれません。

ですので、くれぐれもゾルタクスゼイアンの卵運びについてSiriに聞かないようにして下さい。

追記

散々怖がらせてしまいすみません^^;

もう一つの現実的な説がありますので、Siriに聞いちゃった方は、そっちを信じてひとまず落ち着いて下さい。

ゾルタクスゼイアンとは、人がいて地名が付いてて組織でもある名前・・・

それって、アップルのSiri開発室じゃないの?

という普通の説です。

スタッフがジョークで面白おかしく隠語を使ってみたとか・・・

恐らく、ゾルタクスゼイアン”Zoltaxian”とは
開発に関する何かの固有名詞あるいはそのアナグラムとかではないでしょうか?

Siriに聞いちゃった自分としても、そうであってほしいです・・・^^;

まだ真相は謎ですが、今回はいくつか有力な説を
紹介いたしました。

やりすぎ都市伝説の言葉を借りれば、

「信じるか信じないかは、
みなさん次第です・・・!」^^;

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

『【ゾルタクスゼイアン】それをSiriに聞くとあなたは監視される!』へのコメント

  1. 名前:れん 投稿日:2016/04/18() 13:03:35 ID:88c90192d 返信

    コメントありがとうございます。
    すいません、Siriにまつわる都市伝説1と2は、こちらになります。

    1)人類は監視されている!人工知能『Siri』 の目的

    2)【人工知能の恐怖】Siriとイライザが示唆する人類の終焉

    ご指摘のようにアルカイダもイスラム国もアメリカに操られているとの話がありますね。
    アメリカの黒幕は軍産複合体だと思いますので、彼らが潤うようにアメリカに敵対する勢力をわざと作り出しているってのは、何となくわかるような気がします。
    そして、彼らが望んでいるのは、第三次世界大戦の勃発・・・
    軍産複合体のトップがイルミナティと言われていて、第三次世界大戦を起こそうと画策しているそうです。
    ただ、イルミナティの中にもそれを止めようとする一派もいるようで、その方がベンジャミン・フルフォード氏と対談してました^^;
    とにかく、第三次世界大戦は起こってほしくないですね。