Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

『高須帝国の逆襲』発売5日で絶版に!「フリーメイソン」の陰謀か!? | 究極のまとめ.com

『高須帝国の逆襲』発売5日で絶版に!「フリーメイソン」の陰謀か!?

言語:

ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲 (コミックス単行本)

5月25日、漫画家の西原理恵子氏と「Yes!高須クリニック」のCMでおなじみの高須克弥氏の共著『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』が発売。

しかし・・・なんと!わずか5日で回収・絶版・・・となり話題となっています。

なぜ、そんなことになってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

不適切な表現があったため回収することになった

高須院長のブログによると、小学館の担当編集者から「『高須帝国の逆襲』に不適切な表現があり大変なことになっている」と緊急連絡があったようで、

編集者と出版社の幹部が、当時名古屋の高須グループ本部にいた高須氏のもとへ急行。

「回収することに決定しました!(不適切な部分について)書き直しをお願いしたい」と言われたことについて明かしました。

しかし、高須氏はこれに激怒!書き直しを断固拒否!!その場で絶版が決まったそうです。

以下は高須氏のコメント。

「高須帝国の逆襲」は僕の自信作なんだよ。

書き直しは断固拒否する。 

出版の自由は日本国憲法で保証された日本国民の権利なんだ
書いたのは僕だ
吐いた唾を飲むことはしない!

絶版にしてもらうことに決定

小学館はすぐに市場からの回収に入る

blogを見た諸君に告げる

「高須帝国の逆襲」はまもなく市場から消滅する
回収される前に書店で買いなさい。

また、ツイッターでは「儲けそこねた西原理恵子の怒り顔が目に浮かぶ」と書き込み、

西原氏もツイッターで、「一生懸命描いたのになぁ」などとつぶやいた。

不適切な表現とは何のことだったのか?

不適切な表現・・・?

これについては、当初ある噂がネット上で囁かれました。

その噂とは、回収になったのは「フリーメイソン」の関与があったのではないかというものです。

高須院長は、秘密結社「フリーメイソン」のメンバーというのは有名な話です。

つまり、不適切な表現とは、その秘密結社の触れてはならない部分について書かれていたので、出版社側に何らかの圧力がかかり、回収ということになったのでは?ということです。

しかし、調べてみるとそうではなく、著書の一部で差別的ととれる表現があったようですね。

問題になっているのは、以下の部分。

昔は「士・農・工・商・穢多(えた)非人(ひにん)」という身分制度があって「お前のひいおじいさんは、とても情け深い人で、”穢多も同じ人間じゃ。差別してはいかん”と言うて、穢多の子供たちに餅を投げてやった。子供たちがそれを拾って食べると、”穢多の子は可愛いのう”と目を細めていた。」と、ばあちゃんは言う。

この中で不適切な表現とは、高須医院長のひいおじいさんの話で「昔は士農工商・えた・ひにんという言葉があった。」というくだりの部分と言われています。

(-_-)ウーム

しかし、これは歴史の教科書にも載ってますし・・・

それに、この「不適切な表現」について抗議が来ているわけではないようです。

あくまでも出版社の自主規制によるもの。

これに対し、過剰な自主規制との声も出ているようで、出版社上層部の保身ではないかと言われています。

ですので、今回の件は、フリーメーソンの陰謀によるものではなかったようです^^;

ちなみにその後、小学館とは和解したそうです。

ところで、「フリーメーソン」のメンバーである高須院長。

その秘密組織で、現在はどの地位まで上りつめているのでしょうか?

高須院長、フリーメーソン京都御門ロッジの組長になっていた!

高須クリニック クリアファイル 3種セット

2012年にフリーメーソンによって新たに開設された京都御門(みかど)ロッジ。

今年3月に行われたインタビューで、高須院長はそこの組長になったと明かしていました。

以下は、フリーメーソンの内部事情がわかる興味深いインタビュー内容です。

──今回は高須院長もその会員であるフリーメイソンについてお話をうかがいたいと思います。

高須:もういまは何でもしゃべれるようになったからね。いちばん偉くなったから。

──いちばん偉いというと、どういう立場なんですか?

高須:僕が入っているのは京都御門ロッジで、そこでいちばん偉い「Worshipful Master」っていう立場だね。去年12月にロッジ内で選挙があって、そこで選ばれたんだよ。

「親方の親方」っていう感じかな。ちなみに、Worshipful Masterのなかでいちばん偉いのが日本グランド・ロッジにいるグランドマスターだね。

──組織がいくつかの階層になっているんですか?

高須:そうそう。たとえば本家の“〇〇組”が「日本グランド・ロッジ」だったら、僕はその直参の御門ロッジの“組長”ってことになるわけだ。

その前までは“若頭”だったんだけどね(笑)。

だいたい“若頭”になったメイソンは、その次の選挙で“組長”になるんだよ。

──そういう慣習があるんですね。

高須:まあ、いろいろ習わしが多いのは確かだね。頭が固い組織だよ。

古い儀式ばっかりやってるから、それについて来れずに辞めてく人も多い。

あと、意外とくだらないことであーだこーだやってるんだよ。「このエプロンは誰が洗濯するのか」とか「部屋の後片付けは誰がするのか」とか、そんなことばっかり話し合ってるんだもん(笑)。

世間的には社会を裏で牛耳っている組織って思われてるけど、実は全然そんなことない。

けっこうどうでもいいことを世界中で議論してるのがフリーメイソン。

どんなにすごい組織なのかと期待して入ってきても、実際はそんなんだから、「やってらんねえよ!」っていう人がいても仕方ないね。

──いろいろと大変なことも多そうですね。

高須:いちばん大変なのは暗記かな。いろんな儀式のために、文章を暗記するの。それこそお経を覚えるみたいなものだね。

基本的には、古い英語の文章を覚えるんだけど、たしか御門ロッジと名古屋の鳥居ロッジと福岡の卑弥呼ロッジは日本語でもOKなのかな。

でも、それもまたとんでもなく古い日本語で、覚えるのが一苦労なんだよ。

──そもそも院長はどうして京都の御門ロッジに入られたんですか?

高須:最初、東京の日本グランド・ロッジに行ったら、愛知に住んでるからってことで、名古屋の鳥居ロッジを紹介してもらったんだよ。

で、鳥居ロッジに行ったら、御門ロッジとダブって入っている知り合いが何人かいてね。

いまの御門ロッジは、1回たたんだところを改めて立ち上げたものなんだけど、ちょうど人材不足だったみたいで、すぐに偉くなれるって言われたの(笑)。

──入った時から幹部候補生、みたいな。

高須:本当にそうだよ。グランド・ロッジなんて、古くからいる重鎮ばかりで全然偉くなれないもん。

しかも、Worshipful Masterになるには選挙で勝たなきゃいけないからね。

そういうところに入っても、何もできない。いつまで経っても若頭だよ(笑)。

──いつかは日本グランド・ロッジのトップに・・・とは思わないんですか?

高須:うーん、グランドマスターはものすごく忙しいからね。専業にならないと難しいし、どうかな…。

でも、グランドマスターも選挙で決まるんだけど、意外とゆるいんだよ。手書きで票を入れるんだけど、米軍関係の人が多くて日本人のメイソンたちは名前がわからなかったりするんだよ。

それで、周りの人に候補の名前を聞いて票を入れるんだけど、よくよく聞いたら別の人の名前を書いてたっていう初歩的な間違いもあるから(笑)。

そういう意味だと、名前が知られていれば、グランドマスターの選挙で勝っちゃうかもしれないなあ。「高須」っていう名前をもうちょっと売って、グランドマスターも狙ってみようかな(笑)。

以上です。

以前、高須院長が「フリーメーソン」に入りたての頃は、TVでの質問に「新米だし言えないこともあるから・・・」

と語っていましたけど、今回は、組織の裏側をここまで明かしてくれました。

現在、御門ロッジのトップになったから、ご自身の判断でこういったお話ができるようになったとのことです。

もしもグランドマスターになったら、もっといろいろな秘密が聞けるかもしれません。

いつか、とんでもない秘密が高須院長の口から語られるのを期待したいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事