Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【熊本地震】震源地で放射線量が急上昇!中性子爆弾を使用か!? | 究極のまとめ.com

【熊本地震】震源地で放射線量が急上昇!中性子爆弾を使用か!?

言語:

熊本大地震は人工地震だった!?

というのは、ネットで見てましたが、いやいや~それはないんじゃないかな~?と思っていましたので、
そっちには触れずにいましたが・・・

ちょっと衝撃の情報を見てしまったので、この事実を発信せねばと思い、今回取り上げさせていただきました。

スポンサーリンク

熊本地震直前に起こっていた謎の発光現象

まずは、以下の画像を見てください。

4月14日熊本で震度7の地震があった際に流されたニュース映像に謎の発光現象が捉えられていました。

この謎の発光現象は2011年3月11日の東日本大地震の時にも仙台市内で頻繁に起こっています。

▲東日本大震災時の発光現象

実は、この発光現象が「人工地震」の特徴であるそうです。

つまりあの3・11の大地震も人工的に起こされた地震であったと言われています!

地震波形に表れた人工地震の特徴

また今回の「地震波形」にも人工的に引き起こされたものと思われる特徴が出ているようです。

以下の波形を見ると、P波(初期微動)のない典型的な突発地震であるとのこと。

上のような波形は核実験に見られる「地震波形」なのだそうです。

自然の地震は段々と強くなりますが、人工地震は突然最大のスパイクを見せます。

今回の地震の場合、最初ほんの少し揺れたのちに、ほぼ最初から最大のスパイクに到達しているという「人工地震」特有の特徴があります。

この地震波形に似ているのが、3・11東日本大地震の地震波形です。

以上の波形を物語るように、余震には度重なる緊急地震警報は発令されていますが、14日の前震には何もありませんでした。

また、本震とされた4月16日1:25未明の地震も、

緊急地震警報はなかったとのことです。

( ̄へ ̄|||) ウーム

やはり、人工地震説もありえる・・・?

陰謀論者によると、以上のような独特の地震波形は何らかの陰謀による「人工地震」とされており、

それには小型の中性子爆弾が使用されるとも言われています。

中性子爆弾(ちゅうせいしばくだん、英語: Neutron bomb)とは、

核爆発の際のエネルギー放出において中性子線の割合を高め、生物の殺傷能力を高めたもの。

放射線強化型核爆弾(英語: enhanced radiation bomb)とも呼ばれる。

引用:wikipedia中性子爆弾

これは、いわゆる核兵器の一種とのこと。

それが、今回熊本で人工地震を起こすために使われた可能性があるようです。

以下の画像は、放射線量を表しているのですが、熊本地方の地下から出ている放射線量が急上昇しています。

4月16日の熊本の放射線量
殆どの地域は0.05〜0.2μSv

震源付近はその10倍~30倍と高い値になっているとのこと。

これはやはり、小型中性子爆弾が使用されたということなのでしょうか?

また、興味深いのは、今回の震源の真上にあるのが、

こちら

▲熊本県 自衛隊高遊原分屯地

震源地は熊本県熊本地方(北緯32.7度、東経130.8度)

この「熊本県自衛隊 高遊原分屯地(たかゆうばるぶんとんち)」は、気象庁発表の熊本地震の震源地(経緯緯度)と、(座標)がピタリと一致しているそうです。

震源の深さは約10kmと浅い(爆弾を仕掛けられる深さ?)というのも気になるところではあります。

今回の地震が人工地震なら自衛隊を狙ったってこと??

これは、日本に対しての宣戦布告ってことでしょうか・・・

真相はわかりませんが、放射線量の増加は気になりますね (-“-;A …

あっ、それから今回の人工地震説についても信じるか信じないかは、みなさん次第です^^;

追記:

書き忘れたことがありました^^;

熊本地震発生、直後(21時47分)に航空自衛隊築城基地(福岡県)からF-2戦闘機が2機

緊急発進(スクランブル)しています。

このことは、ネット上で疑問視され、

「戦闘機、災害時になぜ飛ぶ?」「何で戦闘機を飛ばすんだ!?」

と話題となりました。

確かに戦闘機が緊急発進ってのは違和感がありますね。

放射線増加と震源が自衛隊基地真下・・・気になります^^;

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

『【熊本地震】震源地で放射線量が急上昇!中性子爆弾を使用か!?』へのコメント

  1. 名前:れん 投稿日:2016/05/30() 16:59:47 ID:38e0e3bae 返信

    初めまして。情報ありがとうございます。

    それから、他の記事にも色々コメント下さってありがとうございます^^

    お詳しいので、色々と勉強になります。

    その件は興味深いですね・・・当時のニュースで観てましたが、その後どうなったのかは知りませんでした。

    「4月6日、鹿児島県にある海上自衛隊鹿屋基地を飛び立った航空自衛隊のU125飛行点検機が、

    基地の北およそ10キロの地点でレーダーから機影が消え、乗っていた埼玉県の入間基地所属の隊員6人の行方が分からなくなりました。」

    8日になり

    機体の一部とみられる破片が広範囲にわたって飛散した状態で見つかりました。

    周辺では7日、乗員とみられる4人が心肺停止の状態で見つかっていて、自衛隊は8日朝からほかの2人の捜索を再開。

    「機体の一部とみられる破片が広範囲にわたって飛散した状態」
    「およそ200メートルから300メートル四方の範囲にわたって飛散している」

    これは、やはり撃墜されたってことなんでしょうか・・・

    熊本地震の震源地に近い方角に向かってたって辺りも気になりますね。

      

  2. 名前:究極の名無しさん 投稿日:2016/05/23() 15:15:23 ID:02cef0f32 返信

    地震波形の横軸大きすぎるし、震源に近い地震計なら初期微動もないように見える
    波形を編集した奴がアホとしか思えない

      

  3. 名前:究極の名無しさん 投稿日:2016/05/20() 09:26:53 ID:8143ce8e2 返信

    14日、16日の前震、本震の際もちゃんと緊急地震速報はありました。

      

  4. 名前:究極の名無しさん 投稿日:2016/05/06() 22:46:26 ID:f8234d3b7 返信

    岩盤が強い圧力で崩壊するので一時的に高い放射線は発生しそうに思います。スクランブルも情報収集のためではないでしょうか。