Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【陰謀】世界人口を5億人に!イルミナティ衝撃の人口削減計画! | 究極のまとめ.com

【陰謀】世界人口を5億人に!イルミナティ衝撃の人口削減計画!

言語:

米国のジョージア州エルバート郡にジョージア・ガイドストーンと呼ばれる記念碑があります。

この記念碑は、一部の人たちの間では「現代の十戒」と呼ばれているモノで、

10のガイド、あるいは戒めとして、共通の「冠石(かむりいし)←石柱などの1番上に乗っている石」を支える4つの巨大な石に、そのメッセージが8種類の言語で刻み付けられています。

4つの大きな一枚岩は重さが21トン、総計は約119トンにもなり、高さも6m位あるとのこと。

また、中心の石、及びキャップストーンにはスリットや穴があり、太陽、月、及び星の天体観測ができるように設計されており、

北極星をいつも見ることのできる穴が開いています。

・・・で?その記念碑がどうしたの?

・・・ということなんですが、この記念碑を建てたいと提案し、大金まで支払った人物が誰かわかっていないそうなのです。

今回は、この謎を追ってみたいと思いますが・・・調べてみると「あの組織」と関係がありそうだということがわかりました。

そこに触れる前にまずは、その謎の巨石に刻まれた「現代の十戒」と言われているメッセージを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ジョージアガイドストーンのメッセージ(現代の十戒)

1. 自然界の永久の調和として人口5億人を維持しよう。

2. 優性と多様性を賢く用いて、人口の再産を導こう。

3. 生ける新たな言語で、人々を統合しよう。

4. 情熱・信頼・伝統と調律された理性による全てを支配しよう。

5. 公正な法律および正しい法廷で人々と国家を保護しよう。

6. すべての国家は、世界法廷において国家間の紛争を内面的に解決しよう。

7. 取るに足らない法律および無駄な公務員を減らそう。

8. 個性の調和は社会的な義務によって正す。

9. 真実・美・愛情・無限の神に基づく調和を求め続けることを称えよう。

10. 地球の癌にはならないで-自然のための場を残そう。

「十戒」のうち、最初の「戒律」はショッキングなものとなっております。

現在の世界人口約73億人のうち、68億もの人類が地球上に存在すべきではないと規定するものだからです。

ジョージアガイドストーンが建てられた経緯と秘密結社(薔薇十字団

1979年6月に、「R.C.クリスチャン」と名乗る人物がエルバート郡にある会社のオフィスを訪れて、人類にメッセージを送るための記念碑を建てたいと提案したそうです。

その人物は「神を信頼する忠実な米国人の小グループ」であると述べていましたが、
多くの通信社による調査にもかかわらず、R.C.クリスチャン及び、彼のグループの正体は今日まで不明となっています。

また、このストーンが何の目的のために造られたのかも解かっていないとのこと。

構築物の設計は10ページ以上にわたり詳細が書かれており、土地の持ち主には五千ドルが支払われたとされています。

依頼人であるR.C.クリスチャンは、最初の指示をした後は再び現れることはなく、
モニュメントを置く場所に助力してくれた人物を通じてだけ、手紙で指示を送っていたようで、
その手紙もいろいろな場所から出されており、R.C.クリスチャン氏が誰であるかは分からなかったようです。

しかし、R.C.クリスチャンという名前・・・これは偽名ということはわかっています。

R・C・クリスチャンは、薔薇十字団の教祖:Christian Rose Cross」 = Christian Rosenkreutz〈薔薇:Rosen 十字:Kreuz〉から来ているとの説があります。

▲薔薇十字団の教祖C・R・C(Christian Rose Cross)すなわち
クリスチャン・ローゼンクロイツを描いたとされる絵。

薔薇十字団(ばらじゅうじだん、独: Rosenkreuzer ローゼンクロイツァー)とは、
中世から存在すると言われる秘密結社。17世紀初頭のヨーロッパで初めて広く知られるようになった。
引用:wikipedia薔薇十字団

薔薇十字団の紋章画

以上のことから、ジョージアガイドストーン(現代の十戒)は、薔薇十字団の作と言われているのです。

そこで、ここからが興味深いのですが、その秘密結社、薔薇十字団の正式な設立年は、1776年だとされています。

1776年・・・これは、アメリカが独立宣言をした年。

そして、忘れてはならないのが、秘密結社「イルミナティ」が設立された年でもあります。

また、薔薇十字団を隠蔽するため、フリーメーソンの存在があり、薔薇十字団の中からイルミナティが生まれたとの説もあり、

これらの秘密結社は、深く繋がっているようです。

つまり、ジョージアガイドストーンのメッセージ(現代の十戒)は、

彼らの新世界秩序(New World Order:NWO)と言われているのです!

以上のようなことから、このジョージアガイドストーンは、陰謀論者の関心の対象になっています。

また過去には、秘密結社など陰謀論を研究していたマーク・ダイス氏という方が

「R.C.クリスチャン」は新世界秩序に関連する「ルシファー信仰の秘密結社」に所属していると主張。

ガイドストーンは深い悪魔崇拝に由来しているため、このモニュメントは「悪魔の構築物」だとして粉々にしなければならないと要求しました。

しかし、それが反響となり多くの人が訪れるようになり、モニュメントを擁護する勢力が現在では多くなっているとのことです。

自然界の永久の調和として人口5億人を維持しよう。

これは自分達エリートだけは生き残って、自分達の身の回りの世話をさせる「奴隷人民」のみ少々生かしておき、
それ以外の一般人には、無駄なので死んでもらいたいということでしょうか・・・

「ガン」「エイズ」「インフルエンザ」「食品添加物」「遺伝子組み換え食品」「TPP」
「原発」「ケムトレイル」「ワクチン接種の強要」「戦争・テロ」「人工地震」

・・・そう、すでに彼らの人口削減計画は進行中です。

上記、ケムトレイルとは、航空機が化学物質を空中噴霧することで、

ケムトレイルの散布は先進諸国の政府と軍と製薬企業の共同プロジェクトと言われています。

政府は人口削減が目的で軍は生物兵器実験・気象操作が目的。

そして製薬会社は病気を与えて薬を売るために行っているとの噂があります。

散布しているのは、アルミニウム、バリウムのナノ微粒子(放射能散布)、
臭化エチレン(発がん性物質)や、バイオ活性物質を伴ったプラスイオンポリマー繊維、
また、毒素を分泌する無数のフザリアム(菌類)、 奇妙に変形したバクテリアといった変異型が含まれていることも報告されているとのこと。

また、アメリカのアラスカにある気象兵器と言われているHAARP(ハープ)では、地震、竜巻、ゲリラ豪雨を起こすことができるそうです。

これからも、彼らはあらゆる手を尽くして人口を削減してくるでしょう。

その計画を1人でも多くの人が知ることが、彼らの計画を阻害することにつながります。

信じるかどうかはみなさん次第です。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事