Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

もうすぐ小惑星が地球に大接近!その距離、わずか1万7000キロ!? | 究極のまとめ.com

もうすぐ小惑星が地球に大接近!その距離、わずか1万7000キロ!?

言語:

またまた小惑星接近のニュースです!!

2016年3月5日に小惑星2013 TX68が地球に接近すると、NASAが発表しました!

最接近時には、静止軌道衛星高度(3万5786キロ)の約半分、1万7000キロ付近まで近づく可能性があるそうです。

小惑星2013 TX68は、2013年に一度観測されたものの、観測3日後に太陽の前を通過したため、太陽光に遮られ観測できなくなっていたようです。

わずか3日間しか観測できなかったため、正確な軌道を予測する事は難しくなっているとのこと・・・

そのため一部の人工衛星よりも近い、1万7000キロという近距離から、月までの距離の35倍もある1400万キロ付近を通過する可能性もあると、幅広く予測されています。

ちょ、ちょっと予測範囲が広過ぎますってそれは~!!(* ̄□ ̄*;

下手したら地球に突っ込んでくるんじゃ・・・

ちなみに今回の小惑星の大きさは直径30メートル程度とのことです。

2013年にロシアで爆発した隕石が約20メートルでした。

この小惑星2013 TX68がもし、空中で爆発するようなことがあれば、ロシアの隕石の2倍程度のエネルギーを発すると考えられています!∑( ̄[] ̄;)!

これは、まずい・・・

小天体が地球に衝突するときの速さは、秒速15~20kmくらいと言われています。

それによると、直径10メートルの天体衝突でさえ、エネルギーを核出力に換算すれば47キロトンで広島型原爆を越えるとのこと(・口・)
しかし空中で爆発したり、その他のエネルギー損失を考慮すると、地上に与えるエネルギーは20キロトン程度。

まさに広島型原爆位までの威力※にもなってしまうこともあるらしいです。
※爆発高度にもよるとのこと。

まあ、今のところ小惑星は衝突しないとみられていますが・・・

もし、地球に突っ込んできたら、ロシアの時のようにまた誰かのドライブレコーダーが、その決定的瞬間をとらえるのでしょうか??

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事