Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

火星移住計画(その1) | 究極のまとめ.com

火星移住計画(その1)

言語:

今、自分が最も興味があるのは
「人類火星移住化計画」についてのニュースです。

最近、巷で騒がれ出しましたが、ことの発端は火星に人類を送ると
オランダの民間企業マーズワンが言い出してからだと思います。

スポンサーリンク

マーズワンとは

マーズワン(英:Mars One)は2025年までに火星に人類初の永住地を作ることを目的にするオランダの民間非営利団体。オランダの実業家バス・ランスドルプ(Bas Lansdorp)に率いられる宇宙飛行計画は2012年に発表され、4人の宇宙飛行士を送る予定。ただしランスドルプ自身は火星移住に参加しない。
団体は、2011年に設立され、ノーベル物理学賞受賞者のヘーラルト・トホーフトも「アンバサダー」として加わっているという。

▲ヘーラルト・トホーフト

2013年4-8月に移住希望者を募集し、2013年12月30日、約20万人の移住希望者の中から日本人10人を含む1058人の候補者を選んだと発表した。日本人10人には、59歳の男性会社社長や30代の女性医学博士などが含まれていると報じられている。最終的に24人を選び、2025年には最初の4人が火星に住み始め、その後は、2年ごとに4人ずつ増やしていくことを予定している。火星から地球に戻ることは現在の技術および資金的に不可能なので、移住者は技術の進歩に伴い地球帰還の手段を得られない限り、火星に永住することになる。2015年2月16日、財団は最初の移住候補者を、男女各50人の100人に絞ったと発表した。100人の中には、メキシコ在住の日本人女性シェフ(50歳)が含まれている。
財源は、寄付金のほか、訓練や飛行や移住の様子を24時間リアリティー番組で放送する番組の放映権料を予定している。団体は、最初の4人を火星に送るコストを約60億ドルと見込んでいる。ランスドルプによると、夏季オリンピックが二週間の開催期間に40億ドルを稼ぐことを考えて、オリンピックより大きなプロジェクトであるので、60億ドルは十分に可能だとしている。2023年には地球のインターネット人口が40億人に達するという予想があり、この人口が人類史上最大のショーを見ることを考えれば、莫大な収入が生じると見込んでいる。
有人飛行に先立ち、2018年5月に無人火星探査機を打ち上げ、水分の採取方法の研究を行う。

引用:wikipedia(マーズワン)

下記はマーズワンの選考の流れです。

応募者総数 20万2586名 => 一次選考通過 1058名 => メディカルチェック通過 705名 => 660名 二次選考通過 100名 => 最終選考へ

しかし、このマーズワンには問題がありました。
それは、火星への移住が片道切符だってことです・・・

火星移住「片道切符」方式の是非

火星から地球へ帰還するための設備には、天文学的な金がかかるので実現不可能とのことで、またこの人類最大のプロジェクトに命をかけてもいいという志願者は少なくないはずだと予想しているそうです。

火星へ人間を送るだけで、地球へ帰還する手段がないことを非人道的だという批判もある。しかし、現代の技術で火星へ人間を送るのには、地球への帰還が極めて難しく、「片道切符」の方法による植民地方式しかなく、人道的な立場からそのような政策を政府が国民の税金を使って施行するのは不可能に近いが、そのような方法を人類は捨てるべきではないと主張している。そもそも往復方式にかかる3,000億ドルから6,000億ドルといわれる莫大なコストは、往復航行中に宇宙線から飛行士を防御するのに莫大な重量の防壁が必要であり、それを輸送するのに往復に必要な莫大な燃料を火星まで持っていかなければならないという悪循環があるからで、「片道切符」という手段でこれは解決できるとする。また同記事でクラウスは、歴史を見ても欧州からアメリカ大陸の植民地へ旅立った者は「片道切符」で死ぬ覚悟でいった事実を指摘し、この人類最大のプロジェクトに命をかけてもいいという志願者は少なくないはずだと予想している。
また火星上での水、食料、燃料の確保といった問題もあるが、地球からそれらを運搬するコストは、人間を火星から戻すよりもはるかに安くつくと予想されている。これは物資を火星へ輸送するだけなら、放射線防御壁や人類移住空間などの施設が全く必要でない無人機で行えるため安価ですむからである。現実にNASAは既に火星に無人探査機を「比較的に安価に」送ることに成功している。

引用:wikipedia

このマーズワンには数十万人が応募していて、現在は100人程に絞られてるようですが
その中の女性の一人は火星に行ったら子供をもうけると言ってるそうで、
実現したらその子が最初の火星人になるわけです。

まさしく神様的存在ですね。

過酷な環境は言うまでもないですけど、うまく行ってほしいものです。

かくゆう私も火星に行ってみたい一人でして・・・
天涯孤独の身だったら応募してたかもしれないなぁ。

でもやっぱり地球がいいですね^^;

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事