Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

ロシアが2016年の完成を目指していた「スペースホテル」 | 究極のまとめ.com

ロシアが2016年の完成を目指していた「スペースホテル」

言語:

ロシアが2016年の完成を目指していた「宇宙ホテル」はロシアのオービタル・テクノロジーズ社によって開発が進められているスペースホテルとのことですが・・・

その後どうなったのでしょうか???

2011年に発表して、もう2016年になってますけど・・・その後まったく音沙汰ないですね^^;

一応、紹介するとこれが宇宙ホテル「Commercial Space Station」のイメージだそうです。

※定員は7名で客室は4部屋。

ホテルは、地球からロシアの宇宙船「ソユーズ」のロケットに乗って2日かかる場所に建設されるとのこと。なお、宿泊費はソユーズによる交通費と5日間の滞在費を合わせて約7600万円となっています(*゚o゚*)
まあ、その位するでしょうね・・・^^:

どんなに豪華なリゾート地であっても満足しない世界のお金持ちや有名人達を、満足させる旅行先を提供するのがこのプロジェクトだそうです。

宇宙は無重力なので、ホテルの利用者は垂直型のベッドと水平型のベッドのどちらかを選べるとのこと。
なお、シャワーは水が漏れないように密閉型ですが、現行の国際宇宙ステーションでは石けん付きのスポンジなどで間に合わせているとのことなので随分と快適になるようです。

食事はあらかじめ準備しておいたものを電子レンジでチン!

チューブに入ったフリーズドライ食品ではなく、子牛の頬肉にキノコを添えた珍味や豆のピューレ、ジャガイモのスープやプラムのコンポートといった食事とのこと。

また、ジュースなどの飲み物も提供されますが、アルコールは禁止だそうです。

客室には壮大な銀河の景色を楽しめるように双眼鏡とカメラを完備。
トイレは水を使わずに空気を利用???(*゚o゚*)

廃水はリサイクルし、空気はフィルターを通して匂いと細菌を除去した後に客室へ戻される仕組みです。

滞在中は、経験豊富な乗組員が旅行者を常にフルサポート!

なお、ホテルは宇宙ステーションで作業する宇宙飛行士の緊急避難所としても使われる予定だそうです。

このホテルは、宇宙飛行士が利用している従来の国際宇宙ステーションに比べてはるかに快適に過ごせるそうで、ホテルを建築する「Orbit Technologies」の最高経営責任者を務めるセルゲイ・コスチェンコ氏は「私たちが計画しているホテルは、国際宇宙ステーションとは比べものにならないほど快適です。大きな窓から地球を見下ろせすことだってできます」と語っています。

ちなみに、ホテルのターゲットは富裕層や宇宙の研究を進めている民間企業の人々とのことです。

いやはや・・・何とも凄い計画だったようですが、その後何の音沙汰もないところをみると暗礁に乗り上げてるようですな^^;

いや!急に発表して、おそロシアと言わせようとしているのか・・(^o^;) オイオイ

自分は泊まれないので、誰かの体験談でもいいから聞いてみたいです^^
とにかく、そのロシアの企業に頑張ってほしいものです。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

『ロシアが2016年の完成を目指していた「スペースホテル」』へのコメント

  1. 名前:榛名 投稿日:2016/08/23() 22:08:43 ID:ee2153e0e 返信

    宇宙にいくと、なんか神秘体験ができるそうですね。なんか宇宙の上にいる凄い凄い意識?を感じたり、なんか凄い音?が聞こえた気がしたり、地球みてるとなんか自分のちっぽけさがしみじみと感じられた り。お金持ちの人たちも、きっとそんな体験がしたいんだろうなぁ。でも、料金ほんと高いんですね。プロになるしかないかなぁ(爆)。まあ、年齢制限に引っ掛かるんですけどね(爆)。