Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

謎の暗黒物質「ダークマター」 | 究極のまとめ.com

謎の暗黒物質「ダークマター」

言語:

この宇宙が何でできているかを調べると

我々が知っている物質は全体の5%だけといわれています。

じゃあ、残り95%は何なの?ってことなんですが・・・

それは「ダークマター」と呼ばれる暗黒物質と
残りは「ダークエネルギー」と呼ばれる正体不明のもので出来てるそうなんです。

暗黒物質というのは、電磁波の観測でも見ることができないので暗黒(ダーク)と言うそうで・・・

ちなみに、それぞれの割合は

ダークマター:25%

ダークエネルギー:70%

と言われているみたいです。

つまり今、我々が現在見えている世界ってのは、全体の極わずかってことなんですね^^;

じゃあなぜ、そんな観測できない正体不明なものがあるって言えるのか・・・?
?チンプン?ヽ(゚◇。)ノ?カンプン?

銀河の構造を考えると、今見える普通の「物質」だけでは計算上足りないことがわかっているとのこと。

見えている物質の重力だけでは、星は散らばってしまい、銀河を形成できないようなんです。
※星間の距離が開き過ぎているので何か間に物質がないとまとまらない

そこであるとされているのが、
光を通さず、反射もしない、何かわからない暗い物質、ダークマターです!

現時点では、それが何なのかはわかってはいないのですが・・・(・Θ・;)アセアセ…

しかし現在、正体はコレではない!というものがいくつか挙がっているので紹介します。
(とりあえず消去法でいくしかないので)

・まずその物質は検出できないので、宇宙空間にある粒子が集まった雲ではない。

・ガンマ線を出さないので反物質(アンチマター)でもない。

・そのダークマターと言われる物質は周囲に影響を及ぼすことはわかっているのですが、
ブラックホールほどの大きな影響力はないことから、ブラックホールでもない。

とりあえず、今わかっているのは、
電荷を持たず、重力を持ち、とにかくたくさんあって、それは安定しているってことくらいだそうです。

この物質を解明するには、今我々が知っている素粒子では到底説明ができないので
新しい理論に基づく、未発見の素粒子が必要になるようですね。

現在、その有力候補の一つがニュートラリーノと呼ばれる素粒子です。

ニュートラリーノは、弱い相互作用をする重さのある粒子の一種で

その中でも理論的に存在が強く期待されている粒子とのこと。

有力候補のニュートラリーノ以外にも、
様々な未発見粒子がダークマターの候補として考えられています。

例えば、アクシオンと呼ばれる粒子。

また、光子の類似粒子ダークフォトンなどが候補にあげられ、多数の研究者によって研究されています。

これらの粒子によってダークマターの正体がわかれば、宇宙創成のメカニズムの理解も大きく進展すると思いますので
今後の研究に期待したいですね。

それからダークエネルギーも正体不明なのですが
こいつは、ダークマター以上に何なのかわかっていません^^;

検出できない、測定できない、味わえない・・・・

じゃあ、ないんじゃん?と突っ込みたくなるんですが^^;

でも、確かに影響は受けている。

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

とにかくそいつの解明はやっかい極まりないものなので、それはまた別な機会に。。。

ちなみに、見えないけど私たちの身の回りにも、
そのダークマターは存在していると考えられています。

目の前に未知の物質があるって考えると面白いですね^^

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事