Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【火星でUFO激写】消し忘れか?元NASA職員の暴露! | 究極のまとめ.com

【火星でUFO激写】消し忘れか?元NASA職員の暴露!

言語:

NASAによって火星に送り込まれている無人探査機「キュリオシティ」が届けてくれる高解像度写真には、時折、人工物の様な物体や生物らしきものが捉えられていることがありますが、今回またしても不思議な物体が写りこんでいました。

しかもその写真の物体は、ガチなUFOかもしれないとのことで、研究者たちに動揺が広がっているそうです。

スポンサーリンク

キュリオシティが捉えた火星上空に浮かぶUFO

▲キュリオシティ(本体上部右側に取りつけられた高性能カメラで撮影)

問題の写真は、協定世界時(UTC)2014年3月16日22時12分49秒に撮影されていました。

その写真の第一発見者は、Streetcap1と名乗るYouTubeユーザーだったとのことで、問題となる物体が写っているのは火星の地表ではなく、空でした。

矢印(赤)の部分を拡大

拡大した画像を見てもおわかりのように、彼方に連なる山並みの上空で、UFOらしき黒い点が浮遊しています。

もしくは、カメラのレンズについた砂埃・・・?

しかし、砂埃がこれほどハッキリと写り込むならば、今まで撮影されてきた他の写真にも写り込んでいるはずです。

(-_-)ウーム

やはりこれはUFOでしょうか?

この問題の物体について、UFO研究家スコット・ウェアリング氏も見解を発表しているそうです。

氏によると、これは異星人の宇宙船などではなく、NASAとアメリカ空軍が極秘裏に火星で飛ばしているドローンである可能性が高いとのこと。

なぜそのようなことをしているのかというと、NASAとアメリカ軍は火星に文明の痕跡が残されていることを知っているため、空からそれらを記録しているようなのです・・・

そういった極秘情報がどこから入ってくるのでしょう?スコット・ウェアリングという人物も気になりますね。

真相はわかりませんが、今回撮影された写真に写っている謎の物体は、消し忘れだったのかもしれません。

ちなみに以下のような興味深い証言があります。

NASA元職員が暴露「UFOを消す、お仕事」

NASAは、写ったものをそのままの形で発表していないことは、陰謀論者たちの周知の事実です。

まあ、見えてはいけないものがたくさんあるでしょうから、当然でしょうけどね。

それについて、元NASAの職員、ドナ・ヘアという女性が、隠蔽情報証言事実公開の場で衝撃的な内部告発をしています。

※彼女は月面地図や着陸地点の詳細な情報を手がける「プレシジョン・スライド・ラボ」というグループに勤務していたとのこと。

以下は、彼女による証言記録 です。

私の名前はドナ・ヘア

1970年と71年に私は請負業者フィリコ・フォードのためにNASA第8号館で働いていた。
その業者は何回か名前を変えた。多年にわたり、私はこの会社内外の暗室やいろいろな部署で働いていた。

1970年代、正確な日付は覚えていないが、私にはその暗室、制限区域の一つに入ることができる機密取扱許可が与えられたのです。

そこでは月面や衛星からの画像が現像されていました。

そこにいた一人の職員、かつての友人であり今でもたまに話をするが、彼が私の注意をその連続写真の一つの区域に向けたので、見ると、それは何枚かの写真をつなげて一枚の大きな写真にしたものでした。

それらは衛星写真だと思ったが、確信はありません。

本当に興味深いわね、と私は言いました。

そして彼は笑みを浮かべて、そこを見なさいと言ったのです。

私が見た写真の一枚に1個の丸い白点がありました。
そのときの画面はとても鮮明で、くっきりとした輪郭でした。

それで私は彼に、それは何なの?感光膜のシミかしら?と言うと・・・

彼はニヤリと笑って、感光膜のシミが地面に丸い影を落とすことはないと言ったのです。

・・・私は驚いていました。

なぜなら私はそこで数年間働いて、これまでこのようなものを見たことはなく、聞いたこともなかったからです。

そして、私は聞きました。これはUFOなの?そしたら彼は私に笑顔を向け、君にそれを言うことはできないと言いました。

君にそれを言うことはできない・・・私が理解した彼の言葉は、そうだ「UFO」だ、だがそれを私に言うことはできない、ということだった。

あなたたちはこの情報をどうするつもりなの?

すると彼はこう言ったのです。

我々はこれらを一般に売り出す前に必ず吹きつけ(エアブラシを使って)で消去しなければならない。
私はそれを聞いて、これらの写真からUFOを除くために実施されている一つの手順があることに驚きました・・・

彼は、一部の宇宙飛行士がその事実を語ろうとして脅迫されたことも教えてくれました。

彼らは口外しないように誓約書に署名しているのです。そして彼らに引退は許されない・・・

私はその情報に圧倒され、聞き取りを始めました。私が知っていたある人たちは、組織の重要な地位にいたからです。

それで私は彼らを外に連れ出すことにして、昼食を共にし、彼らに話しかけました。
そして一人になると彼らは私にいろいろなことを語ったのです。

しかし彼らは、もし私が彼らから聞いたと言った場合には、私が嘘をついていると言うつもりだと断言していました。

私がよく知っている一人の職員は、宇宙飛行士たちと一緒に隔離されていました。
その彼はこう言ったのです。

月に行った者のほぼ全員が物体を見ている・・・

実際に、一人は着陸のときに宇宙機が月面にいたと言った。
だがこの人物は地球上から姿を消した・・・

私は彼を見つけ出そうとしたが、名前を知り得ただけでした。

私はこのことを「スティーブン・グリア博士」にも伝えています。

さらに衝撃的だったのは、修正隠蔽写真は月だけではなかったのです!

火星も私達が常識として承知している内容と事実にはとんでもない現実との誤差が生じていました・・・

以上、NASAの元職員ドナ・ヘアの証言。

また、過去にはカール・ウルフ軍曹という人物も、NASAの探査機が月で撮影した画像に写っていた異常な構造物の数々が意図的に修正されていた事実について語っています。

▼下の写真はアポロ20号が月面調査をした際に撮ったと言われている、古代都市。

※アポロ計画は17号までしか世間に公表されていないのですが、実は秘密裏に20号まであったとのこと。

月の古代都市や物体についての記事はこちらのカテゴリにあります→「月(構造物・物体)」

彼、ウルフ軍曹が目の当たりにしたのは、ラングレー空軍基地の一角にある立ち入り禁止区域のオフィスで、数多くの35ミリフィルムがNSAの関係者によって修正が加えられていた現場でした。

それらは公表される前に、写り込んでしまった構造物の部分にモザイクがかけられ、その上に月の地表の別の場所の画像を重ねるという方法が取られていたとのこと。

またウルフ軍曹は、とある士官から「月の裏側に基地があり、これが写ってしまった画像に修正を加えている」という事実を告げられたというのです。

しかも、彼が見せられた画像のほとんどは1969年のアポロ11号による月着陸以前に撮影されたものだったとのこと。

「人類は月に行っていない」という陰謀説があります。

しかし、ヘアとウルフ元軍曹の証言が真実ならば、人類はアポロ計画よりも前には、すでに月に到達しており、地球から見えない部分にあるものの画像を撮影し、修正を加えていたことになりますね。

・・・(━_━)ゝウーム

やはり、今回キュリオシティが捉えたUFO?もしくはドローン?は、うっかり消し忘れてしまったということでしょうか。

ということは、火星には、見られたくないものがまだまだ多くあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事