Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

新ノストラダムス降臨!【3か月以内に第三次世界大戦勃発】と予言 | 究極のまとめ.com

新ノストラダムス降臨!【3か月以内に第三次世界大戦勃発】と予言

言語:

「ノストラダムス」※を自称する予言者、パストール・リカルド・サラザール氏は、

いまから3か月以内にロシア・中国がタッグを組んで、アメリカに対し第三次世界大戦を仕掛けるという大胆な予言をしています。

これに先立ち、移民危機を抱えるEUは国境を封鎖するとのこと。

ノストラダムス:(1503年12月14日-1566年7月2日)

ルネサンス期フランスの医師で、占星術師であり詩人。

1999年の7の月に恐怖の大王が降ってくると詩集で予言したとして有名です。

日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られる詩集も多数出版され、現在に至るまで多くの信奉者を生み出し、様々な論争を引き起こしてきました。

サラザール氏は、このノストラダムスの再来と自称しているのです。

スポンサーリンク

地球を襲う未曾有の大災害

サラザール氏によると、さらに小惑星が地球に衝突し、世界規模の大地震が発生。

12億人が死亡すると警告。

具体的な日時や場所についても言及しています。

それは、2016年5月15日~17のいずれかの、現地時間午前2時20分。

プエルトリコ沖合いに約9キロメートルの大きさの小惑星が衝突!! ( ̄□||||!!

これにより世界中に地震と津波が起こり、まず初めに12億人が死亡・・・

さらには、小惑星衝突の直後、アメリカのイエローストーンを含む世界中の火山が爆発。

その灰は太陽を遮り、その後氷河期が訪れ、カルフォルニアではかなり広い地域が消え去るそうです・・・

第三次世界大戦の勃発!

サラザール氏は、第三次世界大戦が勃発する日についても語っています。

それは2016年6月16日。

この日、中国とロシアがアメリカを攻撃!

そして、

・2016年10月25日、ロシアと中国が第三次世界大戦で勝利を収めるとも予言!

・・・(-_-;)マジ??・・・

まだまだ、サラザール氏の予言は続きます^^;

・2017年3月には、中国人民元が新しく国際的な基軸通貨となる。

日本¥ヤバシ・・・

まあ、自分は貯金そんなないから大丈夫かな^^;

・2018年末もしくは、2019年初頭、ロシアがイスラエルを攻撃!

・2020年、キリスト教に敵対する存在が地球に降り立ち我々人類を支配する。

キリスト教に敵対する存在が地球に降り立ち???

ここは気になりますね・・・

当ブログで何度も取り上げている、惑星二ビルの住人「アヌンナキ」のことを言っているのか・・・または、他の異星人による襲撃を受けるってことでしょうか??^^;

しかし、

・2023年にキリストの再臨により救済がなされると語っています。

┌┤´д`├┘ ふぅ…良かった・・・ってヾ(–;)ぉぃぉぃ

これだけ聞くと与太話のようにも聞こえますが・・・

サラザール氏の職業は牧師のようで、Youtubeに投稿された動画では、最低1年分の食糧、水、医薬品を買いだめするよう、必死に人々に呼びかけています。

彼がYoutubeに配信する動画によれば、2年前、ある人物から連絡を受け、

「神があなたを予言の手段として使う」と告げられたと主張しています。

また「これらの予言は正しく、絶対に当たる自信がある」と自称ノストラダムスは語っています。

まぁサラザール氏の予言を信じるかどうかはともかく、

とりあえず1週間分の水と食糧買ってきます。

そろそろ地震も起きそうですしね・・^^;

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

『新ノストラダムス降臨!【3か月以内に第三次世界大戦勃発】と予言』へのコメント

  1. 名前:再度抜駈 投稿日:2017/05/11() 19:20:44 ID:15ee64757 返信

     そろそろ地震も、ってあんた予言者か(ツッコミ)!
     1週間は妥当ですね。3日で流通の回復を期待してはいけないし、大量備蓄を回転させるのも骨ですからね。
     阪神大震災前の時代、地震への備えの話をしたことがあるのですが、周囲の子と、「地震なんてこない(笑)」「…なんで?(その理由は?)」「こない、こない(笑)!」と、誰も防災意識などもっていませんでした。
     その子があの1月17日の朝、「親戚の家と連絡が取れなくなっていて…」と心配する羽目になっていました。
     当時は、「マラッカ海峡には海賊が」という話をすると、大笑いする子がいまして、自動小銃で武装する海峡と話すと、馬鹿にされた覚えも。ひょっとして、ソマリア沖がニュースになるまで分からなかっのかも。そんな経験から得た教訓は当時の私にとって貴重でした。
     閑話休題。阪神大震災以降でようやく3日備蓄が呼びかけられましたが、新潟でも東日本でも全く足りなかったという話もあります。東日本の時は1ヶ月以上も流通が途絶した地域もありました。
     今は新型インフルエンザ対策で1ヶ月以上という話もあります。場所によりけりですが、穀類や大豆は保存が利くので多めに、あとは味噌・醤油が大事。そしてカレー〈粉〉が便利ですね(どこかの国の特殊部隊は、味や香りの誤魔化し用に携行するそうな。但し、普通にカレーをつくるとしたら味に深みが無いのでウスターソースを少し入れましょう。入れすぎると今度は酸味がキツくなりますので注意。因みに玉葱の炒め方は……←ストイ、ストイ!)。ボトルは常に一本以上残るように回転させましょう。
     一番大切なのは水で、重くかさばります。湧き水の位置を調べたり、浄水機を用意するのが一番です。キレイな水でも生水ならば一分間以上煮沸し、できれば浄水剤を。泉熱など怖い病気もあるとか。用意を怠ると、最悪は蒸留しかなくなります。
     あとは、衣と住への備えを忘れずにに。グッツも良いですが、あるもので工夫するのが、こういう際には有効です。電気が必要なら、車がある人ならインバータを一個買っておけば、工具も動かせます。その為も含めて、燃料は常に半分を残すようにすべきかと。
     いつか、「お金のかからない簡単防災」「防災用品は百円ショップで大抵そろう」とか書いてみたいのものですね。
     
     ……って、予言記事へのコメントだったのをすっかり忘れてました。
     なんとかの再来とか、~に選ばれた、とあった場合、そもそもその、なんとか、とか、~を自分がどれだけ知り、どれだけ理解しているかを考えた方がよいと思います。テレビでその部分を紹介、説明しているのを聞くと、理屈がつながらないことがあり、むしろその部分をよく調べ知っておくことが大切かなぁと思ったり。
     だから、不思議世界方面からの情報収集もその一環として重要ですし、やはりまとめ記事、特に「究極のまとめ.com」を入り口にするのも大切かと。
     (……でなければ、2062氏も原田さんも知らなかったしね。私は、元々、不思議世界の人ではない筈なので。いや、いつの間にかこっちの人になってしまっておりますが……。感謝です。)