Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【ファティマ第三の予言】その驚愕の真実に迫るルシアの証言! | 究極のまとめ.com - Part 2

【ファティマ第三の予言】その驚愕の真実に迫るルシアの証言!

言語:

聖母マリア4回目の降臨

4回目の8月13日、今度は何と2万人もの人々が現地に押し寄せました。

しかし・・・ルシア達3人は人々をたぶらかすとして牢屋に入れられていたのです。

ですので、この日3人は不在でしたが、2万人の群集が奇妙な現象を目撃していました。

それは、快晴にも関わらず雷鳴が轟き、まぶしい閃光が放たれ、近くの木にもやがかかり、上昇していくというものだったそうです。

5回目の降臨

牢屋に入れられていた3人でしたが、何か不思議な力が働いたのか?無事解放され、

5回目(9月13日)のコンタクトに臨む事になりました。

この時の人数は3万人に増えていたとのこと。

この日に目撃された現象は衝撃的だったようです・・・

正午になるとそれまで輝いていた太陽が暗くなり、辺りは黄金色の光に包まれたと言います。

突如、空から卵型の銀色の物体が現われ、ゆっくりとルシアのそばまで移動すると

今度はもやがその物体を包み込んで見えなくなってしまったとのこと。

3万人がこの奇跡に心を奪われていると、空からわたの様な物が降ってきて、手で受け止めるとまるで雪のように溶けたそうです。

卵型で銀色の物体・・・?

以上のことから、この日に確認された現象は、UFO(地球外文明)によるものだったのではないかと言われています。

ちなみに、UFOが出現した後の現象で空から白い糸上の物体が降ってくる事があり、

それは「エンゼルヘアー」とも呼ばれています。

スポンサーリンク

6回目(最後)の降臨

10月13日、この日は土砂降りの雨だったそうです。

しかし、そんな天気にも関わらず、ファティマの奇跡を一目見ようと集まったのは、なんと10万人!!(その中には新聞記者や科学者もいたとのこと)

それだけこの奇跡が注目されていたということでしょう。

そして、この最後の降臨では、今でも語り継がれる様なすごい奇跡が起きていたのです!

10万人が見守る前でいつものように閃光が輝きました。

※この時、柑橘系の良い香りが広がったとも言われています。

そしていつものように、ルシア達との会話がはじまり、会話が終ると・・・

その窪地の上空だけ雲がなくなり、さっきまであれほど降っていた雨が突然やんだのです!

そして空に銀色の太陽が出現!!

5回目の時も銀色の物体が現れていますが、おそらくこれは巨大なUFOだと思われます。

以下は目撃者の証言などにより伝えられていることです。

その銀色の太陽はしばらくの間七色の光線を放ちながらクルクル回転していたとのことですが、

回転をやめると今度は水平に飛行し元の位置に戻り、また光線を出し回転・・・

それを計3回行ったとのこと。

すると今度は突然赤く光り出し、群集の方へジグザグに移動しながら落下してきたのです!

それを見た人々はこの世の最後が訪れたと思って懺悔(ざんげ)をはじめたと言われています。

・・・しかし地上に落下する事は無く、またジグザクに上昇すると、その銀色の太陽は見えなくなってしまったとのこと。

冷静さを取り戻した人々はさらなる奇跡を目の当たりにしました。

何と、さっきまであんなに雨でぬれていた服も地面もすっかり乾いていたのです!

この6回目(最後)の降臨で銀色の太陽が放った七色の光は、ファチマから数十kmも離れた場所からも観測されていたとのこと。

それほど遠くから黙視する事が出来たということは、この銀色の物体がいかに巨大であったかがわかりますね。

このファティマの奇跡はヨーロッパ全土で大きな反響があり、

日本でも「ヨーロッパで聖母マリアの奇跡が起きた」と報道されるほどだったそうです。

▲上の写真はその時撮られていた銀色の物体。(1951年11月18日、バチカン新聞”LエOsservatore Romano”は1917年にファティマで撮られた写真を公表)

ところで、その女性は本当に聖母マリアだったのでしょうか?

この奇跡を見ていた司祭の一人が、「銀色の物体は天国の乗り物で、聖母マリアを乗せてきた。」と語った事で、

ファティマの予言は聖母マリアの予言と言われるようになったそうですが、

本当に聖母マリアだったのかどうかは誰にも分かりません。

それでは、ファティマ第3の予言に話を戻したいと思います。

(次ページ:ファティマ第3の予言について)

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事