Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【ファティマ第三の予言】その驚愕の真実に迫るルシアの証言! | 究極のまとめ.com

【ファティマ第三の予言】その驚愕の真実に迫るルシアの証言!

言語:

ファティマの予言は、あまりにも有名過ぎて、語りつくされている感はありますが、

今回はその予言で未だに明らかにされていないと言われている、「ファティマ第三の予言」の謎に迫ってみたいと思います。

それでは、まず「ファティマの予言」とは何か?順を追って見ていきましょう。

1917年5月13日、ポルトガルのファティマという小さな村で奇跡が起こりました。

その村に住むルシア(10歳)、フランシスコ(9歳)、ヤシンタ(9歳)という3人の子供たちが
家の羊をコバ・ダ・イリアという窪地に連れてきました。

正午過ぎ頃、突然目がくらむほどのまばゆい光と共に聖母マリアが出現!

呆然とする3人に、大事なことを伝えるので毎月13日の同じ時刻に会いに来るように・・・と告げたそうです。

三人は誰にもその事を言わないと約束したそうですが、一番幼いヤシンタが母親に話したことから噂が立ち

翌月(6月13日)2度目の聖母マリア出現の際には、村人70人ほどが、その窪地に集まったとのこと。

また、マリアが去る時には、村人全員が大きな爆発音を聞いたそうです。

スポンサーリンク

ファティマの予言とは

その話が広まり、翌月(7月13日)に集まった人数は5000人にもなっていました。

そして、この3度目に出現した際に、重要な予言が告げられたのです。

それは「時期が来るまでは決して口外してはいけない」というものでした。

これがあの有名な「ファティマの予言」なのです!

その内容とは?

ファティマ第一の予言

今の悲惨な状態はもうすぐ終わる。しかし、このままいくと次の法王の時に再び不幸が起こる。

・『第一次世界大戦の終結』

ファティマ第二の予言

次の不幸の直前に神の警告として夜間に不思議な光が現れる。

1938年1月26日に約2時間に渡り西ヨーロッパ全域で、オーロラが観測されています。

普通オーロラが見られるのは、北極圏だけですので、この事からもこのオーロラの異常さがわかりますね。

まさしく神の警告だったのでしょう。

その翌年に・・・


・『第二次世界大戦の勃発』

そして問題の“3つ目の予言”

聖母マリアはルシアに対し、「第三の予言だけは決して他言せず、1960年に公表するように」と厳命したとのこと。

第3の予言・・・気になりますけど、

その謎に行く前に4回目以降の聖母マリアの出現について先に触れさせていただきます。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

『【ファティマ第三の予言】その驚愕の真実に迫るルシアの証言!』へのコメント

  1. 名前:伊東裕太郎 投稿日:2017/02/04() 22:13:10 ID:d00221c68 返信

    以下の情報宜しかったらご利用下さい。

    いよいよ、ジョーカーが暴れだしましたね。
    対処法?ご参考までに。
    4島返還その2 地球人の由来について

    人類の由来
    ◆25000年前
    生命創造の実験をするために、遥か彼方の不死の惑星から飛び立った科学
    者達が、水の惑星地球を発見した。

    ◆23000年前
    彼らは2000年ほど時間をかけて気象観測を行い、生命創造に適していると
    確認した。
    海底の泥を持ち上げて陸地を作った。やがて地上に降り立ち実験に取り掛
    かった。
    環境に細心の注意をはらい、原始的な単細胞の生物から次第に大きなもの
    へと創造していった。途中から芸術家も参加して、より美しく創られた。
    彼らに似せて人間を創ってしまった。これが惑星政府の知るところとなり、
    危険な創造物は、すべて破壊するよう命令された。

    ◆5000年前
    でも科学者達は、何時か又、実験再開ができることを信じていた。そこでノア
    に箱舟を造らせて、活きた遺伝子を雌雄一対づつ乗せて種の保存を図った
    のである。
    この実験に携わったリーダーのルシファーを始め、人々は、「普遍的な愛」
    「慈悲と救済」という犠牲的精神を以って行動した。
    「普遍的な愛」「慈悲と救済」という犠牲的精神が、後世の人が言うノアの箱
    舟に生命の源であるDNAを乗せて地球周回軌道に打ち上げて、惑星政府
    の破壊命令を無視したのである。
    今日、我々が存在し続けられるのは、彼らのおかげなのである。その後、惑
    星政府の人々も、他の惑星人によって創られたことを知った。
    自らの手では人類を滅ぼさないと誓ったそうである。虹を見たらその約束事を
    思い出して貰いたいそうです。

    ◆神武天皇即位
    ◆キリスト誕生
    ◆1908年
    ツングース謎の大爆発

    去年
    ロシアの隕石、UFOが追跡して破壊したとロシアのTV局が言っていましたね。
    当りでしょう。

    1908年の時も、空中で破壊してくれたので、あの程度で済んだのです。
    UFOが水爆を積んで体当たりをして破壊した。

    炭素14が検出される所以である。世界各地でも微量の炭素14が検出されて
    いる。これはノアの箱舟の時と言われている。

    1917年
    日本大崩壊もありうる「ファのティマ第3の秘密」、少女ルチアに託された天使
    の伝言
    http://kyukyoku-matome.com/paranormal/prophecy/fatima/

    ◆クロードボリロン・ラエル誕生

    2025年までに「ファティマ第3の秘密」による第3次世界大戦が勃発するで
    しょう。
    過去のローマ法王が読んで卒倒したようである。
    神は異星人であった。第3次世界大戦が起こり、人類が殆んど滅びる。

    いわゆる天国(不死の惑星)における24人の賢人会議がある。その議長が
    ヤーウエ。
    サターンは、地球人を快く思っていない。「善人は24人もおらないだろう。滅
    ぼさなければ危険だ」と言っている。

    サターンの行動
    2025年までに、地球人の野蛮性を証明しなければならない。それには戦争
    が一番効果がある。

    (天の律法 ー 人間は人間を殺す権利は存在しない。殺人・戦争・他人に
    与える苦痛)
    ですが、
    ノストラダムスの大予言、的中率99%の残り1%にこういうのがありました。

    『諸世紀』第10巻42

    五島 勉 氏

    天使人類の子孫が支配/それが彼の支配をするだろう、
    保たれる連合の平和を/彼によって戦争は、半分で閉じられ 捕らえられ
    その平和は長く保たれるだろう

    原文省略

    大予言考察

    彼らが地球上で唯一の大使館に降り立ち、政治手法を勧告するでしょう。
    彼らによって戦争は終わり戦争犯罪人が責任を追求されるでしょう。
    以後、仏教で言う千年王国となる。

    資本主義不経済は崩壊して、共産主義では無い『楽園主義』になり,遺産は
    国家に帰属するが、住居は後継者に無償で引き継ぐ。
    後に、貨幣は廃止され配給制度に移行するでしょう。仕事は機械にして貰い、
    余った時間は自己開花に振り向けます。

    神々とは

    モーゼ・キリスト・仏陀・マホメット・ラエル(現世)等で異母兄弟、父ヤーウエ
    天照大神(あまてらすおおみかみ)は異星人の女性で息子は神武天皇

    以上の事は、超能力者マクモニーグルに検証してもらえば良いのですが。

    彼の兵役時代

    彼は、被弾する場所を事前に予知して、塹壕の場所を変更し事無きを得た。
    イランのアメリカ大使館人質事件も警備兵の配置状況を透視、解決に導く。
    白バイ3億円事件も透視、「18年前に退職し福岡に住んでいる」と言った。
    直後に「TVあさひ」の番組「TVの力」は放送禁止となる。
    —————
    松代宇考研
    二伸
    第3次世界大戦は地球人同士の争い事、くれぐれも巻き込まれないように。
    ハルマゲドンはその兄弟喧嘩を止めさせるキリスト達の介入

    地球の空洞化もノアの箱舟の時かも?
    恐竜が滅びた時期お判りですね。

    恐竜政府が滅びるのは何時でしょうか。