Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

『奇跡のりんご』木村秋則氏がUFO内部で見た【地球滅亡のXデー】 | 究極のまとめ.com

『奇跡のりんご』木村秋則氏がUFO内部で見た【地球滅亡のXデー】

言語:

すべては宇宙の采配
すべては宇宙の采配

今回は、『奇跡のりんご農家』こと 木村秋則 (きむらあきのり) 氏のオカルティック体験を紹介させていただきます。

木村さんは著書『すべては宇宙の采配』(東邦出版)の中で数々の不思議体験を記してますが、

その中でも宇宙人に誘拐され、彼らのUFO内部で【地球滅亡のXデー】を見たという驚きのエピソードがあり、これがなかなかぶっ飛んでいて面白いのです。

まあ、これを信じるか否かは皆さんにお任せするといたしまして…^^;

先ずは木村さんの紹介からしていきたいと思います。

スポンサーリンク

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した『木村秋則氏』

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

木村秋則さん・プロフィール

本名  :木村秋則(きむら・あきのり)
生年月日:1949年11月8日生まれ

出身地 :青森県中津軽郡岩木町(現在の弘前市)

学歴  :弘前実業高校卒

職業  :無農薬リンゴ農家  株式会社木村興農社 代表取締役

HPはこちら⇒木村興農社【木村秋則オフィシャルホームページ】

木村さんは、1968年3月に高校を卒業後、一旦は就職するものの、

父親に「農業を手伝って欲しい」と説得され1年半で退職。

そして、本格的に農業を始めたのは1971年から。

実家のりんご栽培を営んでいたところ、家族が農薬で健康を害したことをきっかけに無農薬栽培の方法を模索し始めます。

その道は苦難の連続だったようですが、10年にも及ぶ苦闘の末、「絶対不可能」と言われた無農薬リンゴ栽培に成功。
※農薬を使わないりんご栽培は世界ではじめてとのこと。

そのりんごは「奇跡のりんご」と呼ばれ日本中で愛されていて、

2006年には「プロフェッショナル仕事の流儀」(NHK)でも紹介されております。

また、木村さんは自ら確立した技術の普及に努めており、講演会や指導などを通じて、自然栽培の大切さを世間に伝えるために、全国各地を奔走されています。

さて、木村さんという方がわかったところで…

以下より、木村さんの衝撃的なオカルトエピソードを見ていきたいと思います。

木村さんのオカルトエピソード①  

■ 龍と遭遇

木村さんは高校生2年生(17歳)のころ、なんと龍と遭遇!

自転車で走行中、前を歩くオジさんが突然固まったのに気づきます。

なんと、周りを見ると、時間が止まっていたというのです。

次の瞬間、林の上から巨大な龍が顔を出し、ニョロニョロと空に向かって飛んで行ったそうです。

止まっていた時間は気が付くと流れ出していたとのこと…。

木村さんのオカルトエピソード② 

■ UFOを目撃

木村さんが25歳の頃、自宅周辺でUFOが出現。

どんなUFOだったかというと…

100メートルくらい上空にまるいものがぽっかりと浮かんで、ゆっくりと移動しているではないですか。
キャバレーの電飾看板のようにクルクルと回りながら、美しいオレンジ色の光を放っていました。

『すべては宇宙の采配』より

木村さんのオカルトエピソード③ 

■ 心霊体験

木村さんは1978年から本格的にリンゴの無農薬栽培に挑戦。

しかし、当初は全く上手くいかず…10年以上、無収入の状態が続いたそうです。

そのころ木村さんは、トラック運転などで家計を支えていました。

木村さんが国道6号線を走っていた時のこと…対向車線を走るトラックが次々とライトをパッシングしてきます。

流石におかしいと思った木村さんが車を降り、相手の運転手に尋ねると「助手席を見ろ!」と言われます。

木村さんが自分のトラックを見ると…

そこには、いつの間にか得体の知れない、青白い巨大な三角おにぎりのようなものが座っていたのです!

「見間違いかと思って何度か目をしばたかせて確認しましたが、三角おにぎりは消えることはありません」 

『すべては宇宙の采配』より

木村さんも最初ワケがわからなかったそうですが、ドライブインに行き店員に相談すると、どうやらその正体は、当日に事故で亡くなったバスガイドさんの霊だったようです。

「木村さんが現場で立小便をしてしまったのでついてきたのだろう」とのこと。

急いで引き返した木村さんが、事故場所で丁寧に謝罪したところ、ようやくおにぎりの霊は消えたそうです。

スポンサーリンク

木村さんのオカルトエピソード④ 

■ 夢でソクラテスに地球滅亡の年を教えられる

さらにあるとき、木村さんは奇妙な夢を見ます…

その夢の中では、ギリシャ神話に出てくるソクラテスに似た男性が、大きなコンパネ(畳ぐらいの大きさの板)を並べていたそうです。

木村さんがそれは何かと尋ねたら、その男性は、「地球のカレンダー」だと答えたとのこと。

1年分が1枚に書いてあるのだと。

それで、木村さんは「地球のカレンダー」を並べるのを手伝ったそうなんです。

やっと、その板を並べ終えたとき、ふと疑問に感じ「カレンダーはこれだけですか?」と聞くと…

それ以降はない、とソクラテスに言われました。

驚いた木村さんは「この後は地球がないということですか!?」と再度 尋ねたところで夢から覚めたそうです。

実は木村さん、この「地球のカレンダー」が何枚あったか、その数まで覚えているということなんですが・・・

ソクラテスに口止めされているため、語れないとのことです。

木村さんのオカルトエピソード⑤ 

■ 宇宙人に遭遇

木村さんが35歳になろうかというころ。

無農薬でのリンゴ栽培がうまくいかず、世間から白い目で見られていた時期・・・

人と会うのが嫌で、日が暮れてから自宅へ帰るという日々を過ごしていました。

そんなある日のこと、農場からバイクで帰宅していると、畑の中からもの凄いスピードで動く物体が木村さんの前(農道)を横切ったのです!

その物体は、身長130センチくらい、縦に細長く体がクロームメッキのように輝いていたとのこと。

それを見た瞬間「小学生くらいの人間が、黒い全身タイツを履いてふざけているのか?」と木村さんは思ったそうですが、その時は、すぐに消えてしまったそうです。

数日後…
今度は、あの物体が2体…木村さんの行く手を遮るように立っていたとのこと。

次ページへ続きます。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

『『奇跡のりんご』木村秋則氏がUFO内部で見た【地球滅亡のXデー】』へのコメント

  1. 名前:Leo 投稿日:2016/11/04() 17:41:06 ID:91172ecf4 返信

    どうりで最近、火星移住が叫ばれているわけですね。でも現実には我々の住める場所は地球しかないと思います。