Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【驚愕】露プーチン大統領の暴露!エリザベス女王は宇宙人!? | 究極のまとめ.com

【驚愕】露プーチン大統領の暴露!エリザベス女王は宇宙人!?

言語:

ロシアのプーチン大統領が、エリザベス女王のことをレプティリアン(爬虫類人)だと暴露したとして、ネットで話題になっています!

これが本当ならとんでもない話ですね・・・とにかく気になってしょうがないので取り上げてみました。

今回は、あくまでも噂だということを前提に話を進めさせていただきますが・・・

実は、イギリス王室にはエイリアンの血が混じっているという・・黒い都市伝説が存在しています。

エリザベス女王を含むイギリス王室は、レプティリアン(爬虫類人)の伏魔殿で、彼らは世界を支配しようとしているというのです!

なかなか衝撃的な話ですが・・・

その話に入る前にレプティリアンとは何か?について少し触れさせていただきます。

スポンサーリンク

レプティリアン(爬虫類人)とは

レプティリアンは、数多くいるエイリアンの一種とされています。

・見た目は爬虫類に似ていて、目がシェイプアウトといって蛇の瞳のようになることがある。

・また鱗や羽毛で覆われているとのこと。

・性格は、見た目どおり冷血で凶暴。時には人間をも食すと言われています。

以下は、レプティリアンのイメージ画像です。

・・・こんな、エイリアンが人に化けているというのでしょうか?

恐ろしすぎますね・・・

レプティリアン(爬虫類人)のDNAにより人類が創造された!?

彼ら(レプティリアン)は、UFOに乗って古代の地球に飛来してきたとのことです。

そして当時いた猿人(ホモ・エレクトスやホモ・ハビリスなど)に自らのDNAを掛け合わせ、

遺伝子操作をして創ったのがクロマニョン人(現在のヨーロッパ人の直接の祖先)だと言われています。

これは、当ブログでも度々紹介している、惑星X「二ビル」の住人「アヌンナキ」のことを指していると思われます。

※アヌンナキについては「ここ→(人類を創ったアヌンナキ)」や「ここ→(アヌンナキとナマハゲ)」で書いてますので興味があったらご覧下さい。

アヌンナキとは、シュメールの粘土板に記述されていた、神々こと。

※アヌンナキ
シュメール語で「神々」an unna ki アヌンナキと表されるそうです。
「an」は天、「na」は~から(降りる)、「ki」は地を意味します。
アヌンナキは「天から降りてきた人々」という意味です。

▲上の画像は、アヌンナキの雄と雌と思われる像。(確かに爬虫類っぽいです)

1970年代に言語学者の故ゼカリア・シッチン氏が、シュメールの粘土板文字を長年解読した成果を発表。

その結果、シュメールの粘土板には以下のような驚くべき記述があったそうです。

アヌンナキの身体から“テエマ”と“シル”という「ふたつの聖なる物質」を採取。

・テエマとは「記憶を保存するもの」という意味で、現代でいえば【遺伝子】

・シルとは「男のアヌンナキからのみ採取しうるもの」とされているので「精子」を意味しているとのこと。

そしてアヌンナキのテエマ(遺伝子)とシルを(精子)を清められたる容器の中で、猿人の卵子と混ぜ合わせる。

その受精卵は「清められたる容器」の中から、「鋳型」へと移され、一定期間発育させ、

しかるのちに「誕生の女神(母体)」となる女性のアヌンナキの子宮に着床・・・

・・・これらの手順は、現代の試験管ベビーの手順とほとんど同じものとのことです。

粘土板には以上のように、地球人は「アヌンナキと猿人の交配種である」と書かれていたと言われています!

ということは、我々人類には、すでに異星人の遺伝子が混じっていることになりますね・・・

地球はレプティリアンに支配されている

元BBCジャーナリストのデイヴィッド・アイク氏の著書『大いなる秘密』。

この本の中でアイク氏は、彼等(レプティリアン)は政府の要人や有名人になりすまし、

または秘密結社を結成して、世界を支配する権力層の多くに紛れ込んでいると述べています。

代表的なレプティリアンは、オバマ、ブッシュ親子、ヒラリー・クリントン夫妻、世界を牛耳る財閥の一族・・・

そして、日本の要人も一部レプティリアンの疑いがかけられているとのこと。

これはかなり荒唐無稽な話に思われますが・・・およそ1200万人のアメリカ人がこの都市伝説を信じているそうです。

ヒラリーについては、今年はじめ「エイリアンはすでに地球にいると思う」って言ってますけど・・・

以上のアイク氏の話を信じれば、ややこしい話になってしまいますね^^;

ちなみに「レプティリアン」は、一時期「検索してはいけないワード」に含まれていました。

それは、レプティリアンで検索すると、なんと!オバマ大統領が検索のトップに出てくる時期があったからだそうです。

レプティリアンについてだいたいわかったところで、今回のプーチン大統領の暴露ニュースに話しを戻しましょう。

プーチン暴露!エリザベス女王は変幻自在のレプティリアン!?「目の前で、顔が変化するシーンを見た」

ロシアのプーチン大統領が、側近や上級職員に

「エリザベス女王は人間ではない。変幻自在レプティリアンだ」
「目の前で、エリザベス女王の顔が変化するシーンを見た。彼女には気をつけろ」と話していたといいます。

プーチンは2014年、フランスで行われた『ノルマンディー上陸作戦70周年記念式典』でエリザベス女王と対面。

プーチンはこの際、階段を上るエリザベス女王をエスコートしなかったこと・・・女王から常に距離を取っていたことで、西側メディアから大きく批判されたようです。

それは、なぜか・・・?

UFO研究家の情報によると「プーチンがエリザベス女王の顔が変形したのを見てしまったから、近づかなかったということが明らかになった」とのことです。

あのプーチンが恐れるってことは、相当やばいものを見たってことでしょう・・・

以下は、モスクワ消息筋?のオフレコ情報とのこと。

「側近や政府の上級職員からの情報を総合すると、女王はトカゲのように長細い顔で、顔色は灰色だったということです。

対面している間、3~4回、トカゲ顔と人間の顔が入れ変わったそうです。オバマ大統領や他の指導者たちと挨拶しているときにも、変幻していた。

女王が手を引かれて階段を上る姿を見たときは、手がトカゲのようになり、歯もトカゲのように鋭くなっていたといいます。

だから側近たちに『女王は人間じゃない』、『気をつけろ』と 警告したということです」

生前ダイアナ妃も、「彼等(イギリス王室)は、人間ではない。トカゲだ! 爬虫類だ!」と言っていたという話もあるので、もしかしたら彼女も、イギリス王室の真の姿を見てしまったのかもしれません・・・

嘘か真か・・・

信じるか信じないかはみなさん次第です。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事