Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

北極圏の海底から「謎の異音」…周辺では動物が消えた?カナダ軍が調査へ | 究極のまとめ.com - Part 2

北極圏の海底から「謎の異音」…周辺では動物が消えた?カナダ軍が調査へ

言語:

48 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
何かが北極海の下で目覚めたな
ガイアーッ!とならない事を祈る

55 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
なんかSF映画の出だしの感じがする。

ここの導入部が映画の成功不成功を決めるくらい重要。

いかに観客を引き込むかここが重要。

その点この話はなんか不気味な出来事を予想させるのに成功してる。

地元の熟練した猟師ですら不審に思う出来事
毎年沢山見られる生き物が見られなくなった。

専門の学者が登場し猟師とともに原因を探ると

海底から異音が~~~

これが原因なのか?それとも??

さ~~この続きは御代を払ってみてね~~~

161 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
>>55
うんうん、遊星から来た物体Xが埋まっているんだよ

300 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
>>55
名作の雰囲気

306 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
>>55
まさか掘削工が小惑星に穴を掘りに行く話になるとは思わなかった
金返せ

57 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
人類は滅亡する!

 

67 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
音源はクジラでしょ
問題は動物が消えたこと
やはり

63 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
地底人が海の栓を抜いたんじゃ

64 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
ムー事案?

109 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
南極のイギリス基地がどうのこうのと言ってなかった?
南極の断層がずれた音かも

115 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
ビープ音かあ
怖いねえ
核実験よりもなんかヤバいことやってそう

137 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
スノーデンの言ってた事は本当だった

142 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
>>137
何て言ってたの?

145 名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
>>142
地球のマントルには人類より遥かに優れた知的生命体がいる
政府もそれを掴んでいるがコンタクトを取る手段が無いらしい
地底からの電波は届いているらしいが、、、
スノーデンねたで最も気になるネタだ

148名無しさん@1周年:2017/01/20(金)
>>145
その地底人の足元のその下のさらに地底の奥深く、はるかはるか地底の最深部の漆黒の闇のその中に
この地底人民共和国の侵略をたくらむ世にも無気味な侵略者の一団があったのである。

そおっ!あのっ!最低人である!

189 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
アルザルだな。
あすかあきお

218 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
地球空洞説やね、地底人が関与しているね

【地球空洞説】序章~地底人の暴露
  【地球空洞説】について この謎については、以前からかなり興味があり、どうしても追究したい謎の一つです。 ですので、この謎の断片をあらゆる...

184 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
なんかで読んだけど
南極より北極のが謎多いから
ホントに危険なのは北極だってな

213名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
カナダの調査チームが行方不明になりカナダ・アメリカ軍合同救出部隊(本編主人公)が編成される
現場へと向かい調査チームの船を見つけるが調査チームは無惨にも命を絶たれていた
原因究明と気象悪化の為に船に留まる事になった彼らの前に突然ロシア軍が現れる。
彼ら曰く自国の観測船が同じく行方不明になり独自に調査をしていてこの船に辿り着いたと
成り行きで共に行動することが決まるが……

ここまで想像出来た

220 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
おそらく強力な電磁波が出てて、動物が不快に感じて避けている。
場所が場所だけに、しかも海底だからね。
人類外の文明の確率が高いでしょう。
まず地殻変動とかではないよこれ。

239 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)

永久凍土層そのものが多く融解すれば、地中深くでメタン分子を封じ込める透明な檻となっている氷が解けてしまう。
クラスレートとして知られる、こうした凍ったメタンガスの埋蔵量は、4000億トンにのぼると見られている。

それはツンドラの地下数千メートルに埋まっており、世界各地の海底ではさらに多くの量が発見されている。

地中深くで凍りついているこの天然ガスは、魅力的であると同時に恐ろしくもある。
その総量は、在来型のガスや石油と少なくとも同じくらいあると見られている。
だが、あまりにも広範囲に埋まっているため、採算の取れる採掘法を考え出した者はいない。

埋蔵量が膨大なため、氷の檻が解けてメタンガスが一気に気化するようなことがあれば、地球温暖化が徐々に進み、
2億5000万年前に大絶滅が起こったペルム紀以来経験したことのないレベルに達する可能性がある。

254 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
温暖化で地中のメタンハイドレートが気化して噴き出してるのでは

スポンサーリンク

243 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
海底で故障して動けなくなったUFOかな?

240 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
シンゴジラだろ

241名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
ニンゲンの仕業

335 名無しさん@1周年:2017/01/24(火)
ニンゲン?

とうとう動き出した?

336 名無しさん@1周年:2017/01/24(火)
>>335
それいうならヒトガタだろ

北極深海で謎の生物ヒトガタを発見か? ロシア科学アカデミーが調査

引用元:http://n-knuckles.com/discover/uma/news001284.html

記事はこちら(2014年3月1日)

ソチ五輪の興奮がいまだ冷めやらないロシアから、センセーショナルなニュースが届いた。
北極海の水深1500メートルの場所で、正体不明の未確認生物が発見されたというのだ。
ロシア科学アカデミー極東支部の学者たちの証言を、ニュースメディア「ボイス・オブ・ロシア」(運営:全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社)が2月25日に伝えている。

この謎の未確認生物は、ロシアの自律型無人潜水機「クラヴェシン1」を襲撃してきたようで、
その後、機体を調べると無数の傷やへこみが発見されたという。
北極海の深海に、このような生物の存在は確認されていない。
この正体不明の生物はなぜ無人潜水機を襲ったのか。
ロシアの動物学者ドミトリー・イソンキン氏は、同メディアにこう証言している。

「北極の深海で新種の生物を発見した可能性がある。その可能性は十分にある。だが、確かな証拠が必要だ。
調査のために専門家グループを設置しなければならない。正式な声明を出すのは時期尚早だ」

北極の深海に生息する未確認生物といえば、日本では「ヒトガタ」が有名だ。
かつて捕鯨調査船の乗組員が目撃したものとされるが、あくまで都市伝説の域を出ないUMAとしての位置付けだった。
一部では海洋汚染で水頭症になった鯨が報告されていることから、奇形の鯨説も唱えられている。

ウクライナ情勢で揺れ動くロシアで突然降ってわいた「ヒトガタ」騒動。
北極の深海に、新種の未確認生物は本当に存在するのだろうか。
ロシアによる本格調査が期待されている。

245 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
北極の氷棚がいよいよ全崩壊し始める序章が始まったんだよ
一挙にくるぞ
動物なんて怖くてそりゃ逃げるわ
あの地域の国はかなり用心しないとな、って日本も近いんだがなw

284 名無しさん@1周年:2017/01/21(土)
ついに磁極の移動が始まったか?

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

『北極圏の海底から「謎の異音」…周辺では動物が消えた?カナダ軍が調査へ』へのコメント

  1. 名前:究極の名無しさん 投稿日:2017/03/02() 19:55:32 ID:99f39d170 返信

    このニュース、続報ないっすね…。