Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

(日本語) 未来人ジョン・タイターの予言!【2020年の日本地図】 | Universe-X.com

(日本語) 未来人ジョン・タイターの予言!【2020年の日本地図】

Language:

Sorry, this entry is only available in Japanese.

スポンサーリンク

フォローする

(日本語)
(日本語)
(日本語) おすすめ記事
(日本語)
おすすめ記事

『(日本語) 未来人ジョン・タイターの予言!【2020年の日本地図】』へのコメント

  1. 名前:丸瀬浦孟留 投稿日:2017/03/30(Thu) 19:55:51 ID:801d70108 Reply

     追伸

     もう一点。これはまだ単なる思いつきの段階の話なのですが…。
     
     ジョンタイター氏と2062氏は言説の範囲が広く、れん様のご指摘の通り、発言が妙に具体的で、現代の仕組みをよく理解し、質問にも頭脳明晰に回答しているようにお見受けします。他にも同様の未来人がいるのでしょうか。
     特に2062氏は2010年11月の登場から6年間活動してきました。民間の素人が複数人で行っているならば、どこかで情報が漏れていた筈と思います。
     また、この二人は共に男性です。男性(陽)縛りでもあるのでしょうか。キリスト教的に再臨(カバラ的にはメシアの再臨でいいのでしょうか)を考えた場合、未来は陰陽では陽となり、そのため男性縛りになっている、そんな可能性を考えてしまいました。
     (もっとも、カッコいいお姉さんの未来人が現れたら、それはそれで頑張って解いてみたい気もしますけれどね)
     さて、残りは2058原田さん。これは難しいです。また、時間のある時にでも再挑戦します。

      

  2. 名前:丸瀬浦孟留 投稿日:2017/03/23(Thu) 18:01:13 ID:147318324 Reply

     すみません。修正の上、投稿させて頂きます。

     2062氏について前に送らせて頂きました。実はジョンタイター氏についても気になった事がありましたので、少しwikiをみてみました。

     2000年11月2日、アメリカの大手ネット掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。男性はジョン・タイターと名乗る

     2000年11月2日
     
     11月2日を〈逆さ〉にすると2月11日。いきなり日本の建国記念日が出てきました。
     2000年11月2日→ゲマトリアに0は無い→2112→三桁読みするなら前から読んでも後ろから読んでも211…。
     
     氏は2036年から1975年に飛び、そこから1998年に飛び、2年間待機して2000年の11月2日に活動を開始します。なお、1998年は氏の生誕年だそうです。

     氏の言に依れば、2036年から1975年までの世界線のズレは2パーセントだそうです。
    1998年からは2年間の待機。
     因みに世界線のズレを最小限に抑えるためには潮汐力の関係から年にチャンスは2回となるそうです。
     (私はよく知らないのですが、阪神大震災と東日本大震災のとき、潮汐力と発生日の関係が話題になりました。氏の言と何か関係が?)。
     それにしても何故「2」を強調しているのでしょうか。

     2036年→1975年は61年間。誤差を2パーセントとすると1.22なので、59.78年から62.22年。「2」段階で足し算してみますと、

    5+9+7+8=29 2+9=11 
    6+2+2+2=12 1+2=3

    並べてみますと113→311(…あ、あれ?)

     1975年→1998年は23年間。誤差を2パーセントとすると
    0.46(←…あ、あれ?)、なので22.54年から23.46年。「2」段階で合計してみますと、

    2+2+5+4=13 1+3=4
    2+3+4+6=15 1+5=6

    並べてみますと46(←…あ、あれ?)

     1998年ですが、前後を分けて足してみます。
     1+9→10
     9+8→17
     よって1017となり117(…あ、あれ?)

     117を11月7日とすると、この日は年初から311日目であり、3.11東日本大震災の暗喩ととることもできます。記事の地図との関係性も、可能性としてならあり得るかも…というのはさすがに無理ですかね。

     私はヨハネの福音書の会話文に、第二神殿再建に要した年数が46年とあることから、地震陰謀論における46とは第三神殿建設に関する数字ではないかと主張してきました。311に46に117。なんだか意味深です。東日本大震災は将来の第三神殿建設の準備を日本で行うという意味とか、そんなことはないでしょうね。

               丸瀬浦孟留 

      

  3. 名前:れん 投稿日:2016/04/29(Fri) 17:13:41 ID:41fd93c15 Reply

    情報ありがとうございます。
    ジョンタイターの予言では下の2つに関しての地図が出回っていました。

    ・2036年に韓国が東アジアを制圧している。

    ・2020年に日本は3分割されている。

    上の韓国が東アジアを制圧している地図については、作った本人が、偽物だとすでに認めてるので、でっちあげでした^^;
    下の地図については、たぶん、震災後に誰かが意図的に流したのだろうとも思いましたが、完全でっちあげの証拠が出てないので、面白いかなと思い紹介させていただきました。

    気になるのは、2003年に若い夫婦が5歳になる息子を連れて、ネブラスカ州のとある法律事務所に現われて、その2人は、自分たちは未来から来たタイムトラベラー、ジョン・タイターの両親だと名乗ったって辺りです。

    そして、その法律事務所で、ある男がタイムマシンを使って2人に会いに来たという話をしたそうです。
    その男は大人になった息子(ジョン・タイター)だと名乗り、彼らの家で3年近く過ごしたとのこと。

    そして2000年に彼は父親のパソコンを借りて自分の正体とここへ来た理由をインターネットに書き込み始めました。
    彼がなぜ書き込みを始めたのかは、未だに明らかになっていませんが・・・

    ジョンタイターの両親だというその2人は、法律事務所を訪れた際に、写真や書類、メモ、彼の書き込み原稿のコピーなどを差し出したとのことです。
    なので、この日本地図はそうした中から流出した可能性もあるのかなと???

    まあ、ガセの可能性はかなり高いとは思いますが^^;

      

  4. 名前:Leo 投稿日:2016/04/29(Fri) 14:46:29 ID:b960217b9 Reply

    ジョン・タイターの本を読んだけど、そんな地図は載ってなかったし、言及もされていませんでしたよ。